MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

今と昔の新車点検と車載工具の違いからわかるメンテナンスフリーへの移り変わり

古い年式の車が廃車になると、目につくのが車載工具です。 昔の車の車載工具って、今のものとかなり違って充実していました。 入ってる工具として、ドライバー、スパナ、ジャッキ、プラグレンチ。スパナは数種類入っていましたね。 もちろんスペアタイヤを積…

ターボが壊れた場合、その原因がオイル管理であるのなら入念なフラッシングを!

ターボエンジンで、タービンが焼き付いたり異音が発生して壊れてしまった。リビルトや新品のターボに交換が必要と言われたとき、そもそもターボがどんな原因で壊れたかを検証しないといけません。 ターボの壊れ方って2通りあります。1つがオイル管理が悪くて…

エンジン内部をいじったリコールなどを受けた場合、1000km程度でオイル交換をするススメ

車屋さんをやっていると、いろんな保証やリコールに遭遇します。その中でもそれはハードなリコールだなぁというものもたくさんあります。 ピストンリングの交換とか、バルブスプリングの交換などがそれにあたります。トヨタ86はバルブスプリング交換だったし…

走行距離がかさんでくるとインジェクタが詰まってくることもある

まずはこちらをご覧ください。 空燃比薄いというコードが入っています。 普段はあまりお目にかかれないコードです。車両は走行距離が20万キロを超えています。 空燃比が薄いということは、燃料が足りていないのか、それに伴う制御系統の不良なのかすみ分ける…

今の車はハブベアリングの内部にABSのセンサが組み込まれている

車に乗っているとどうもガラガラ音がする・・・。 その音が次第に大きくなって、そろそろヤバい感じがする・・・。 スピードに比例して大きくなる異音は、駆動系統です。エンジンの回転に比例して大きくなるのはエンジン関係の異音になります。 駆動系の異音…

昔は10万キロ弱で寿命を迎えていたオルタネーターも今では長寿命になってきた

身内の話になるのですが、今はよろよろになってしまった叔父さん。叔父さんは元気なころベンツに乗っていました。 ベンツを2台乗り継いだんだと思います。車種に記憶がないんですが、多分190Eとかだったんじゃないかな? この叔父さんのベンツ、僕が知る限り…

初代エルグランドのガソリンエンジン、プラグ交換にはハンドパワーが必要

初代エルグランドのガソリンエンジン。V型エンジンが所狭しとぶち込まれています。あのプラグ交換を経験したことがある人ならわかると思います。 手前の数本以外は全て手探りで交換をしないといけない。なんともリスキーなプラグ交換です。 V6なので6本つか…

再利用できなくもないけど、しないほうがいいブレーキパッドを固定するピン

ダイハツ車のアトレーなどに採用しているブレーキです。 ブレーキパッドをピンで固定しているものについて。通常のブレーキパッドであれば、 ブレーキキャリパのネジを外して、位置をずらして交換します。 しかし、このアトレーなどのブレーキパッドはブレー…

ワイパーゴムが切れていると車検に通らない?

この話をお客さんにすると、いつも反感を買ってしまいます。 それはなにか? ワイパーゴムが切れていると厳密にいうと車検に通らないということ。これはどういうことなのか? メンテナンスの中でも非常にお手軽な部類に入るワイパーゴムの交換ですが、まさか…

新しいYouTubeチャンネル!「しょーとMHOちゃんねる」を開設!

時代の変化に合わせて、新しいYouTubeチャンネルを開設しました。 TikTokに対抗してYouTubeではショート動画をアップロードできるようになっています。 僕がやっているMHOちゃんねるでも、多数のショート動画をあげています。これを差別化して専用チャンネル…

2022年5月以降の新型車にはバックカメラ搭載を義務化?すなわちモニターが必要になる

先日、2022年5月以降の新型車についてはバックカメラなど後退時車両後確認装置の搭載を義務化にするというニュースが流れました。 ニュースを見出しを見たら、バックカメラの搭載なのかなと思ったらそうでもなく音でもいいような記載になっています。 すなわ…

ダイハツEFエンジンのDVVTの故障症状とは?

ダイハツの可変バルタイ機構のDVVT。 出始めの頃は、かなり故障が多かったです。ぼくも3台くらい修理したことがあります。 可変バルタイのDVVTは油圧を使ってカムの位相を変えるものです。 このDVVTのユニットが不良になってしまうとどうなるのか? バタバタ…

V8クラウンマジェスタ!充電警告灯が点灯した理由は?

V8エンジンを搭載したクラウンマジェスタです。 充電警告灯が点灯したということです。原因を調べてみると、確かにオルタネーターが発電をしていない様子。 これくらいの年式になってくると何が壊れてもおかしくない状態になります。 クラウンの抱えているト…

スーパークーラントが古くなってきたらクーラントリカバリーがお手軽

今の車に充填されている冷却水はスーパークーラントです。 従来のロングライフクーラントは2年ごとの交換が必要でしたが、スーパークーラントはそれをずっと上回る耐久性能を持っています。 一番わかりやすいのは、2年ごとの交換が必要だったものに対して、…

ボートトレーラーの車検について

過去に1度だけ遭遇したことがあります。ボートトレーラーの車検です。 何それ?って思いますよね?僕も最初そう思いました。 これです。 車に牽引フックを付けて、このトレーラーを引っ張るんです。 上に乗せるのがボートです。 小さなボートを牽引する車体…

ドアが開いたまま保持できない場合、ドアストッパーの交換を!

車のドアって、開けた状態である程度保持しています。 板金担当の人に聞いたのは、ドアを開けた状態で思い切りオーバーラン(開ける方向へ強い力を加える事)させてしまうのはヤバい。 ドアの建付け部である骨格にもダメージが入るので、単純にドア交換だけ…

エンジンが不調だったセドリックの原因はECUのパンク!その原因は何故か?

セドリックです。エンジンが不調。 この車はV型エンジンを搭載しています。 症状を確認してみると、V型エンジン一部が機能していないような状態でした。 V6の2000ccのはずが、5気筒のような状態です。 6気筒エンジンの1気筒が失火していると、直4エンジンな…

タイロッドがブーメランのように曲がった車の乗り味とは?

軽トラックに乗っているお客さんが、ハンドルがなんか変だから見てくれという事で車を持ってきました。 もう見た目からヤバさが全開です。泥まみれで非常にハードな使い方をしていることが プンプンと醸し出されていた。 テスト走行をしてみると、こんなヤバ…

エアコンのユニットを切り取らないとブロアモーターが交換できなかったムーヴ

とある年式のムーヴです。ヒーターが効かなくなったということで入庫してきました。 症状を確認すると、ブロアモーターが壊れていたので、交換しようと部品を取り寄せたらびっくりした話。 ムーヴのブロアモーター交換です!が・・・ ブロアモーターを交換し…

足廻りがすっぽり覆われるほど草が生えているところを走行する時は要注意!

この手のトラブルはたまにあります。 草むらを走った後、車から煙が出たというものです。 こちらをご覧ください。 プロペラシャフトに草が絡みついているのがわかります。 この奥にはデフがあり、オイルシールが入ってデフオイルが漏れ出さないように封入し…

時として汎用部品が役に立つときがある

車の部品には純正部品と社外部品が存在します。 純正部品では設定していない部品を社外で設定してくれていることがたまにあります。 今回はそんな話です。 ポロですが、車検で入庫。 見てみたらタイロッドエンドブーツが破れていた。 さすがにブーツが切れて…

グロリアのデュアルマフラーの1つには開閉バルブが付いている

日産のグロリアです。 国産ハイパワーセダンで、スタイリングのチョイ悪さから人気のグロリア。 このグロリアのデュアルマフラーにはちょっと摩訶不思議な装置が付いています。 マフラーを下からのぞきこむと、何やらスプリングのようなものが見えます。 マ…

ソアラの1G-GTE、タイミングベルト交換作業について

トヨタのソアラです。 個人的にこのソアラはかっこよくて素敵だと思います。2代目ソアラ。このパッケージングこそ最高! スタイリングもかっこいい!色あせない名車感があります。 ということで、タイミングベルト交換。 このソアラに搭載されているエンジン…

アルトのヘッドガスケット交換!オイル漏れはヘッドから!

スズキのアルトです。オイル漏れがしているということで、診断していったらどうやらヘッドガスケットから漏れていました。 というわけで、アルトのヘッドガスケット交換。 この車両はターボなので、若干手間がかかります。 外すものがNAよりも多い。インター…

チェイサーのタイミングベルト交換!ポイントはクランクボルトの脱着

チェイサーです。タイミングベルトの交換。 1JZ搭載です。1JZのタイミングベルト交換で肝になるのはクランクプーリーの脱着です。クランクプーリーのボルトは、少し台形になっていてかなりのトルクで締め付けられています。 330Nmです。RB26DETTには及ばない…

古い車はディスビのOリングなども交換しておこう!オイル漏れが発生しやすい部位

今では珍しくなってきましたね。点火装置にディスビを使ってる車。 ディスビというのは配電器で、イグニッションコイルからの電気を各シリンダーへ配電する部品です。 今でこそ、ダイレクトイグニッションシステムで各気筒に1つずつイグニッションコイルが付…

プレオのスーパーチャージャー、オイル漏れ修理 ヘッドガスケット交換

スバルプレオのスーパーチャージャー。オイル漏れを起こしていたので修理しました。 オイル漏れを起こしていた箇所はヘッドガスケットです。 まずはフロントバンパーを外します。 軽自動車ですけど、スーパーチャージャーが付いてるとヘッドガスケットまでた…

クラッチをOHしても車が駆動がかからなかったキャラバンの原因は?

日産のキャラバンです。クラッチのOHを依頼されたので、言われるがままOHしました。 クラッチが滑っているから、OHしてくれという依頼だったのですが、これが落とし穴でした。 縦置きミッションなので、降ろすのは簡単です。 問題はクラッチ。 確かに減って…

ディスクブレーキのローターは交換頻度が高いが、ブレーキドラムはどうなのか?

ブレーキの整備でまっさきに思い浮かぶのは、ブレーキパッドの交換です。 ブレーキパッドはディスクブレーキのパッドです。自転車のフロントブレーキを想像するとわかりやすいです。 回転するホイールをゴムのパッドで押さえつけて止めていますよね?車の場…

ドア内張り内部の作業をするときのテクニックを紹介

ドアの内張を外して、部品を交換する時の作業について。 例えば、パワーウインドウ関係の部品だったり、ドアハンドルだったり。 ドアの内張をはがして、内部のネジを脱着する作業。 これらの作業って、ドアの中にネジを落とす確率が高いです。 工具の先っぽ…