MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

怖い中古車販売の裏側に遭遇した

ちょっとおそろしいなという車に遭遇しました。

 

新規ユーザーの車検を受けたときの事。この車は2年前にお客さんが、大手中古車販売店で買った車でした。

 

車検を受けたので、作業をしていたら助手席のエアバッグに不備があったんです。エアバッグランプが点灯していて、点検したら配線が一部加工されていた。

 

f:id:team-mho:20220312084713j:plain

この時はそれほど疑問に思わなかったんです。

 

そのあと、受け入れを進めていくとリコールが未実施だったのがわかりました。内容はタカタ製エアバッグリコールです。

 

リコール改修をしないと車検に通らないというものでした。

 

f:id:team-mho:20220312084711j:plain

とりあえずリコールをしないと検査をとおしちゃいけないわけであって、近隣ディーラーに相談して作業を依頼。

 

ディーラーから言われた一言が思わぬものでした。

 

「この車のエアバッグはこの車のものではないものが付いていて、リコール部品が適合しないんです。」

 

最初意味がわからなかったんですが、こういうことかと。

 

どうやらこの車は事故車であって、過去にエアバッグを展開していて交換されているということ。

 

その時に、純正新品部品に交換されておらず、中古のエアバッグと交換をしてあった。

 

該当の車体番号のものが付いていなかった為、リコールで供給されている部品との互換性がなくなっていたというものです。

 

ではどうすればいいのかというと、エアバッグアッセンブリの交換になりますと。費用がなんと9万円。

 

リコールの部品って、本当にエアバッグの中のコアになる部分だけを交換します。その周りの部品は再利用しないといけない。

 

しかし、この車についてる部品がその品番じゃないからアッセンブリ交換をしないといけないと。

 

f:id:team-mho:20220312084708j:plain

 

作業をしないと車検は通らないしで、踏んだり蹴ったりですね。

 

一番怖いのはこの大手中古車販売店が、そういう加修をして中古車として市場へ流通させていること。

 

お客さんからしてみれば、エアバッグなんかなくても車検に通してくれよ!なんですけど、やらないと国交省は通しちゃだめだと言っています。

 

適当に修理して販売されているがために、こんな信じられない事態につながると。

 

結局、トヨタに何とかしてもらってアッセンブリ供給で無償修理をしてもらえました。よかった。

 

中古車って怖いですね。