MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

車のヒーターが効かない?その代表的な原因5つと大まかな修理費用をまとめてみた

そろそろ寒くなってきましたね。車に乗ると、ヒーターが必要な時期になってきました。

エンジンを温めて、ヒーターをさて効かそうかとヒーターをONにしても、まったく暖かい風が出てこない。

f:id:team-mho:20211121102140j:plain

車のヒーターが効かない原因って様々ですが、ここでは代表的な原因5つとその修理費用などをざっくり計算してみました。

サーモスタット不良でヒーターが効かない

f:id:team-mho:20211121203503j:plain

ヒーターの故障で真っ先に疑うべきはサーモスタットの故障。

サーモスタットは、ある一定の温度になったら開く弁です。これがラジエターとエンジンの間についています。

冬は早く暖機をするため、夏はオーバーヒートを防ぐ為、サーモスタットが開閉しています。

サーモスタットが開きっぱなしになっていると、冬場は水温が上がらないのでヒーターが効かなくなります。

5000円~2万円くらいの修理代が必要になります。

ヒーターコントロールワイヤー系統の不良

f:id:team-mho:20211121204046j:plain

続いて多いのがマニュアルエアコンのヒーターコントロールワイヤー不良。

温度調整のつまみやダイヤルを動かしているつもりでも、実はヒーターユニット側が固着していたり、ワイヤーが曲がっていたりして動いていないというオチ。

この場合、手で直接ヒーターユニットをホットへ動かせればワイヤーの不良だといえます。

ヒーターユニットが動かなければ、ヒーターコアを分解する必要がでてくるかもしれません。

ワイヤーの交換なら5000円~1万円位。

ヒーターブロアモーターが回らない

f:id:team-mho:20211121204541j:plain

これはよくあるあるの話。

ヒーターが効かないって入庫してきたら、なんと風が出ない。確かにヒーターが効かないけど、ブロアモーターが壊れているというパターン。

ブロアモーターが焼き付いていたりレジスターが駄目になっているケースもあります。

いずれにしろ、交換すれば直ります。

ブロアモーターとレジスタはセットで交換しないと、新品のモーターがまた壊れちゃう車もあるので注意。

15000円~2万円位。

そもそもクーラントが入っていない

f:id:team-mho:20211121204543j:plain

車のヒーターって、ラジエターと同じ。熱交換器です。

エンジンを冷やすための冷却水を使っています。エンジンを冷やした後の熱い冷却水を室内のヒーターコアへ導いてブロアモーターで温かい風を出します。

つまり冷却水が漏れていたりして量が足りないとヒーターが効かなくなるんです。

物理的な媒体である冷却水漏れはヒーターが効かなくなります。

5万円超の修理代を覚悟してください。

オートエアコン・エアミックスダンパの故障

f:id:team-mho:20211121102140j:plain

マニュアルエアコンではなくて、オートエアコンの場合、ヒーターコントロールワイヤーなどを使っていません。

スイッチを押すと、ヒーターに備え付けられているモーターが動いて温度調整をします。

オートエアコンが壊れていた李、エアミックスダンパなどが壊れているとこちらもヒーターが効かなくなります。

オートエアコン関連の故障なら10万円を超えることもあります。

エアミクスダンパだけで済めば、2万円くらいですかね。

このほかにも細かい原因はありますけど、大体ここに通じてきます。

冬にヒーターが効かないのは耐え切れないので、早めに修理をしてください。