MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

サンバーのタイミングベルトは10万キロもたずして切れること多し!

まずはこちらをご覧ください。

f:id:team-mho:20210630192907j:plain

エンジンがかからないというサンバーが入庫してきて、原因を調べて行ったらこの状態。

久しぶりのタイミングベルトコマとびです。

f:id:team-mho:20210630192934j:plain

そもそも走行距離が7万キロ台です。

自動車メーカーって、10万キロを目途にタイミングベルトを交換せよ!と言っています。

しかし、切れています。

自動車メーカーの言ってることをうのみにすれば、あと3万キロは交換しなくてもよかったはずなのに。切れちゃっています。

 

f:id:team-mho:20210630192924j:plain

f:id:team-mho:20210630192920j:plain

このサンバーでいうと、タイミングベルトが切れる原因は何かって聞かれると、部品がよくないと即座に答えます。

初期型のTTサンバーって、純正装着されたベルトの材質が良くなくて、頻繁にコマとびを起こしました。

1台とか2台位なら、偶然かなって思いますけど。

遭遇したのはそんなもんじゃないですからね。ということは、部品が悪いわけです。

車の保証が切れたとき、タイミングベルト切れの修理代は基本的に実費になります。

でもこういうケースの場合って、ちょっと腑に落ちないですよね。

だって、新車でつけてきてるベルトの素材が悪いんですから。

それが原因で切れちゃうんです。

10万キロ大丈夫だってメーカーが言ってるのを信じて使うと、途中で切れ来ちゃう。

保証が切れたタイミングで、タイミングベルトも切れる。

これは非常にいただけないケースですね。

車種によってはタイミングベルトが弱い車ってやっぱり存在しますよね。

f:id:team-mho:20210630192928j:plain

初期型TTのシングルポイントインジェクションはベルトが切れても、バルブクラッシュしないエンジンです。

これ以降は駄目です。

f:id:team-mho:20210630192934j:plain

もしウインカーレンズがオレンジやクリアのサンバーに乗っていて、タイミングベルトを未交換の人は早めに換えておいてください。切れますよ。