MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

オイルフィルターで1つでエンジンが壊れてしまう話

エンジンはオイルで潤滑をしています。オイルは人間の血液と同じで、各部をいきわたったら戻ってきます。その時にオイルフィルターを通過して、エンジン内部のゴミなどを除去しています。

今回はそんなオイルフィルターの話。


www.youtube.com

よく言われているのが、エンジンオイル2回に1回の頻度で交換せよ!というもの。

これは普通の街乗りであれば間違ってなくてあっています。

では、何が問題なのか?

f:id:team-mho:20210505145950j:plain

まずオイルフィルターの目の細かさ。

特にエンジン内部やらなにかの部品を換えたり手を入れたとき。鉄粉が出やすいです。あたりが出るまでは。

レースの世界などでは、既製のパーツをそのまま組むという事はほぼありえません。例えばカムシャフトの新品って、結構バリがあるんです。

今カムが壊れて交換するなんて言うのは稀なケースですが、エンジン内部のパーツを換えるとやっぱりバリが出ているわけです。

普段よりも多くの鉄粉がオイルへ取り込まれていき、フィルターに取り込まれます。

こんな時はオイルとフィルターを同時交換するのがいいです。

続いてはオイルフィルターのリリーフバルブ。ではフィルターが詰まるとどうなるかっていうと、リリーフバルブが開いてフィルターを通さないでエンジンにオイルを戻すようになってます。

問題なのは、このリリーフバルブって各フィルターによって形状が違う。

極端な話バルブの穴の大きさが小さいと、せっかく開いたとしてもそこからオイルは少しずつしか出ないわけです。

すると、油圧があがらなくて壊れてしまう。

f:id:team-mho:20210430134045p:plain

普通に使ってる分ならそんな心配もしなくていいんですけどね。

気を付けたいのは、しばらくオイル交換をしていなかったとか、エンジンの何かのパーツを交換したとか。

リビルトに載せ替えたなど。そんな時はオイルとフィルターは同時に早め交換をしてください。

ある程度中身のあたりが付くまでは気を付ける事