MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

ピンでブレーキパッドを固定しているタイプは、ピンの交換も定期的にすること

一部車種にブレーキパッドを交換する時、抑えのピンを使ってるものがあります。

有名どころでダイハツハイゼットやアトレーなど。

 

f:id:team-mho:20210424201140j:plain

 

この手のブレーキって、分解作業をしなくてもブレーキパッドが交換可能。分解整備の定義ってすごくわかりにくいんですが、キャリパのネジをいじらないものは分解に当たらない。

つまりこのタイプのブレーキパッド交換は分解にあたらない?ということが整備士の中でもたびたび議論になるほど。

話を戻して、このブレーキパッドを抑えているピンですが、純正のブレーキパッドであれば新品が付属してきます。

しかし社外のブレーキパッドを購入すると付いてきません。

f:id:team-mho:20210424201203j:plain

ピンは再利用できなくもないんですが、クリップ位に細いピンです。

錆びます。

何台か錆びて折れたところもみた事があります。ピンが折れると最悪ブレーキパッドが外れかねません。

ということを踏まえると、ブレーキパッドとピンは一緒に交換することがお勧めです。

ピンのキットだけで部品設定もありますから。

f:id:team-mho:20210424201159j:plain

ブレーキパッドをピンで抑えているタイプは、ピンも一緒に交換するようにしましょう。