MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

コンデンサ型ジャンプスターターで1年エンジンをかけてなかった180SXのエンジンをかけられるか?

コンデンサ型のジャンプスターターを買ったので、いろいろと試しています。

最大の疑問はどの位のエンジンまで始動できるのか?

今のところ試せているのは軽自動車だけです。ただし、パワーは圧倒的。リチウムイオンタイプのジャンプスターターよりも、セルの回り方が軽やかです。

f:id:team-mho:20220213122312j:plain

そんなわけで、家で眠っている180SXでためしてみました。

しかし問題があって、この車のバッテリーはすっからかんの為、コンデンサ型ジャンプスターターが使えません。

どうしようかと思っていたら、とりあえず最初にバッテリーを充電しておいて試してみようと。

f:id:team-mho:20220213122316j:plain

バッテリーはすっからかんなので、セルスターの充電器で1時間ほど充電。

f:id:team-mho:20220213122319j:plain

コンデンサにチャージする電気は、他の車から99%までチャージしておく。

そこから180SXに繋げて100%になったらクランキングという作戦でやってみた。

そうしたらこの作戦はうまくいきました。

ジャンピングすることができました。

しかし、1回ではやはりエンジンはかかりませんでした。

1年以上放置していただけに、そう簡単にはいかないかなと思っていたんです。

結果、4回目のチャレンジでなんとかエンジンを始動できました。

2000ccの車であってもばっちりエンジンは始動できました。

多分普段エンジンがかかっている車であれば、1発でエンジン始動できたんじゃないかなと。

不動車になると、やはりちょっと苦戦することがわかりました。

 

 

連続で使う事も出来て、お勧めです。