MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

クリーンディーゼルのDPFについてのお話

昔のディーゼルエンジンに比べて、今のディーゼルエンジンは黒煙が出なくなりました。

それは、システムが変わったという点と燃料が変わったという点。

現在のコモンレールディーゼルエンジンは、高圧のインジェクターを使って、きめ細かい噴射をしています。

f:id:team-mho:20211221124044j:plain

そして、触媒を使って排気ガスをクリーンにしています。

この触媒がちゃんと機能していればいいんですが、使い込んでくると浄化が追い付かなくて壊れる事があります。

その触媒の交換費用が相当な金額になる。

終いにはコモンレールインジェクターもダメになってしまい、インジェクターと触媒の交換で50万オーバーという修理代。

さすがに50万円は・・・となるので、途中で手をいれないといけません。

一番は触媒をクリーンにしないといけないので、添加剤を入れることもポイントになります。

f:id:team-mho:20211221124057j:plain

航続距離が短い使い方を繰り返していると、触媒が詰まり気味になってしまいます。

f:id:team-mho:20211221124051j:plain

添加剤を入れることで、煤が触媒の中で燃えやすくなるので、健全な状態をキープできる。

ちょい乗りが多い人こそ添加剤を入れたほうがいいと思います。