MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

AZの燃料添加剤FCR-062を連続投入してみたら

走行距離が7万キロオーバーのシエンタに、AZの燃料添加剤FCR-062を2回連続で投入してみました。

 

 僕が買ったのはこちらの1Lタイプです。

PEA(ポリエーテルアミン)を配合しているので、エンジンのカーボンを落としてくれる役割をもっています。

WAKO'Sのフューエルワンと似たような効果があるということですね。

僕もフューエルワンは何度も何度もテストをしてきたので、その効果は体験ずみです。

しかし、AZのFCR-062もWAKO'Sのフューエルワンに負け時劣らずの性能でした。

f:id:team-mho:20210829133321p:plain

こちらが1回目添加して、しばらく走った後のピストントップの画像です。

これを見る限りは汚れているねぇとなりますよね?

ではこのエンジンにFCR-062を入れたらどうなったか?

f:id:team-mho:20210829133337p:plain

こうなりました。

カーボンがより一層ピストントップに付着しているのが分かりますよね。

この写真を見ると、入れたほうがエンジンが汚れたから、写真が反対なんじゃないの?とよく質問をもらいます。

でも正真正銘この順番です。PEA配合の燃料添加剤は投入後しばらくしてエンジンのカーボンを落とします。

それが燃焼室へ吸い込まれるとこの状態。

そして走ることで、少しずつカーボンを焼き切っていくのです。

つまりこの汚れってインテークポートに堆積した汚れそのものなんだと思います。

f:id:team-mho:20210829133341p:plain

インテークにカーボンが溜まってくると、ノッキングの影響も出てきます。そして、通路がカーボンでふさがってくると、エンジンが止まるようにもなる。。

必要なだけの空気をエンジンが吸えないような状態です。

特に直噴エンジンは普通のエンジンに比べて汚れが溜まります。

フューエルワンもいいけど、コスパを重視するのならFCR-062の方が安くて量がたくさん入っているので、お勧めできます。