MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

直噴エンジンのカーボンにはフューエルワンよりRECSの方が効果的

車好きにおなじみのメーカーWAKO'S。

WAKO'Sのフューエルワンという燃料添加剤はとにかく人気が高いです。

f:id:team-mho:20210424094835j:plain

 

 フューエルワンはポリエーテルアミン配合の燃料添加剤。

ガソリンタンクへ入れるだけというお手軽さで、燃料系統をクリーニングしてくれます。ポリエーテルアミンはPEAで略されます。

効能としてはエンジンのカーボンやワニスを除去してくれます。

その費用対効果が高くて、リピーターが多い商品です。僕も愛用しています。

f:id:team-mho:20210114203832j:plain

しかし、フューエルワンの使用では直噴エンジンのカーボンを取り切れるかというと、吸気系統は難しいです。

それは直噴エンジンの仕組みによるところによります。

通常のガソリンエンジンインジェクターがインテークマニホールドに付いています。つまり吸気バルブを通って燃焼室へ入る。

しかし直噴エンジンは燃焼室へ直接インジェクターがついてます。

すなわち、吸気ポートを通らない。フューエルワンをいれても燃焼室へ噴射されるだけなので、吸気バルブなどが奇麗にならない。

f:id:team-mho:20210429153649j:plain

直噴エンジンにはRECSが効果的です。

RECSは溶剤を点滴のようにエンジンへ流し込みます。

接続する部位はインテークマニホールド手前。スロットルバルブ以降へ接続して吸気バルブから吸い込ませるのです。

直噴エンジンであっても、マニホールドから溶剤を流し込むことで吸気ポートと燃焼室を奇麗にします。

施工方法はフューエルワンより難しいので、一般的に販売はされていません。

決められたプロショップでの施工になります。

フューエルワンにも通じるところですが、施工後はエンジンオイルが汚れるのでオイル交換が近くなったら施工するのがお勧めです。