MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

再利用できなくもないけど、しないほうがいいブレーキパッドを固定するピン

ダイハツ車のアトレーなどに採用しているブレーキです。

 

ブレーキパッドをピンで固定しているものについて。通常のブレーキパッドであれば、 ブレーキキャリパのネジを外して、位置をずらして交換します。

 

しかし、このアトレーなどのブレーキパッドはブレーキキャリパを分解しなくてもパッドが交換できてしまう。

 

f:id:team-mho:20210405214556j:plain

ブレーキキャリパにパッドがピンだけで固定されています。

 

このピンですが、社外のブレーキパッドをオーダーすると付属してきません。つまり、ピンは再利用するかどうするかということになります。

 

f:id:team-mho:20210405214611j:plain

横を通っているシャフトはまだ太いからいいけど、シャフトとパッドを固定するピンは安全ピンなみの細さです。

 

これはできれば再利用はしない方がいいと思います。

 

f:id:team-mho:20210405214536j:plain

こんな細い針金のようなものでパッドを固定しています。

 

もちろん錆びるし、錆びて折れた事もあります。

 

f:id:team-mho:20210405214543j:plain

これらはフィッティングキットという部品で購入することができるので、社外のブレーキパッドに交換する時も新品を使ってください。

f:id:team-mho:20210405214627j:plain

ブレーキを固定する部品だけに、注意してください。

といっても僕は自分の車用にブレーキパッドを購入してありますが、フィッティングキットを用意していません。

自分の車だから再利用しようかなって思っています。

 

あまりにも錆びてたら後で交換しますけどね。

 

www.youtube.com