MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

初代エルグランドのガソリンエンジン、プラグ交換にはハンドパワーが必要

初代エルグランドのガソリンエンジンV型エンジンが所狭しとぶち込まれています。あのプラグ交換を経験したことがある人ならわかると思います。

 

手前の数本以外は全て手探りで交換をしないといけない。なんともリスキーなプラグ交換です。

 

f:id:team-mho:20210406220745j:plain

V6なので6本つかっています。しかもイリジウムプラグを使ってるわけではなく普通ののグリーンプラグが採用されています。

f:id:team-mho:20210406221005j:plain

点火装置はディスビタイプです。

ダイレクトイグニッションではないものの、非常にやりにくい。

f:id:team-mho:20210406221009j:plain

プラグコードを引っこ抜く隙間すらないのです。

少し持ち上げて横にスライドさせておく。その隙間からレンチを適切な長さに組んで外していく。

f:id:team-mho:20210406220955j:plain

数種類のエクステンションバーと首振りのラチェットが必須アイテムです。

f:id:team-mho:20210406220942j:plain

この奥にもあります。

f:id:team-mho:20210406220939j:plain

プラグ交換をやってここまで達成感に浸れる車も珍しい位。

それほどいやらしいプラグ交換作業です。

f:id:team-mho:20210406220837j:plain

マニホールドなどを徹底的に外さないといけないのかというとそうでもない。

普通のプラグ交換と同じでプラグコードを抜いてレンチを入れて交換するだけ。

しかし、とてもやりにくい。

全く見えない位置にある。

f:id:team-mho:20210406220738j:plain

プラグを交換する際は絶対にイリジウムタフなど10万キロもつプラグに交換してしまいたい。

そのくらいイヤーな作業です。

www.youtube.com