MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

キーレスが壊れると、非常に不便な車などについて

今の車と昔の車で大きく違う所の1つとして、鍵穴があります。

どういうことかというと、昔の車には運転席と助手席、そしてバックドアなどに鍵穴がついていました。

f:id:team-mho:20220127142414j:plain

それが今では運転席だけしかほとんどの車は付いてません。

つまり、キーレスが使えないと、運転席ドア以外のドアが開けられなくなるわけです。

キーレスが使えない原因で、単純にリモコン側の問題なら、キーレストランスミッターを交換すればいい。

しかし、集中ドアロックも効かないパターンになると、非常に困るケースが出てきます。

f:id:team-mho:20220127142419j:plain

この車の場合、バックドアを開閉するのに困ります。

バックドアのロックを解除するには集中ドアロック機構を使わないと駄目だからです。

助手席とかならば、運転席から乗り込んで内側からロックを解除すればいい。

バックドアの場合はそれが簡単には出来ない。

大抵の場合小さなサービスホールが開いていて、そこにドライバーなどを突っ込んで機械的にドアロックを動かす方法など。

そういう二手間位かけないと、ロックを解除できないのです。

この車両の場合、集中ドアロックが壊れていてボディ統合ユニットが駄目になっていました。

騙しだまし使うにも、非常に具合が悪いというパターンでした。