MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

車検証の紛失が多い件について考えてみる

車検をする時に必要なものの中に、車検を受ける車、車検証、自賠責保険(期間が残っているもの)納税証明書などがあります。

この中で超必須なのは、車と車検証です。

万が一自賠責保険がなくなったとしても、検査のタイミングで少し多めの期間で切っておけばまあ大丈夫。

たまに車検証がなくなってしまった。という問い合わせがあったり、車検で入ってきた車の中に車検証がない場合があります。

なんでこんなことが起こるのかというと、原因は2つ。前回車検を受けた後、きちんと車に備え付けられていないか、ユーザー自身でどかしてしまっているか。

車検の時に指定工場の場合だと、保安基準適合証で車両を渡して、後日車検証を陸事へ更新に行っていることがあります。

これぞ指定工場の強みなんですけど、デメリットとしてやっぱり車検証がなくなることがある。

何故かというと、後日発行された車検証をきちんと車に備え付けていないと、なくしちゃうことが多いんです。

発行された車検証をもって、お宅へ訪問した時に車がなかったら、車検証の説明をして渡すだけになることがあります。

その後、ユーザーさん側でステッカーを貼り変えて車検証を車に入れておかなければ、次回車検に入ってきたときになくなってしまった。という事は起こりえます。

これがかなり多いんですよね。車検証の重要性っていうのがどうもまだ浸透していないようなので。

今の時代って印鑑レスの状態になっているので、車検証があれば簡単に名義変更されちゃうこともできますから。

車検証というのは車の中に入れておかないといけない書類です。自賠責もです。

もし事故があった時、車検証と自賠責はまっさきに確認されるものですから。