MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

フューエルクリーンハイブリッドを入れる前と入れた後でエンジン内部を撮影してみた

KYKのフューエルクリーンハイブリッドというものがあります。

 

f:id:team-mho:20220220155849j:plain

割と安いのですが、ちゃんとPEA(ポリエーテルアミン)を配合している燃料添加剤です。

 

つまり、フューエルワンなどと同じ成分を含んでいるという事になります。

どのくらいこれがエンジン内部を奇麗にしてくれるかを試してみました。

f:id:team-mho:20220220155831j:plain

入れてみたのは走行距離が12万キロオーバーのアトレーワゴンです。

f:id:team-mho:20220220155840j:plain

スパークプラグを外して、プラグホールから燃焼室を内視鏡で撮影してみました。

 

f:id:team-mho:20220220155846j:plain

f:id:team-mho:20220220155815j:plain

添加前の状態がこちらです。

f:id:team-mho:20220220155825j:plain

フューエルクリーンハイブリッドは透明っぽい液体です。

f:id:team-mho:20220220155806j:plain

水抜き効果もあります。

 

ここからガソリンが空っぽになるまで走りこんで、再度燃焼室を撮影してみたわけです。

f:id:team-mho:20220220150645j:plain

プラグの焼け具合は良好です。

それでは気になる燃焼室はどうなったか?

f:id:team-mho:20220220150637p:plain

f:id:team-mho:20220220150723p:plain

明らかにピストントップが真っ黒になったのが分かります。

これは推測するに、PEAがカーボンを溶かして落ち始めている証拠だと思います。

フューエルワンもそうでしたが、奇麗なピストンの車に添加すると一旦汚れます。

周りのカーボンを落として燃焼室に堆積するからですね。

ここからさらに走りこむことで、汚れを焼き切っていくのです。

つまりちゃんと効果が出ているという事が分かります。

高い燃料添加剤を入れるより、この位のものを数回に分けて入れるというのはこれはこれでありなのかなと。