MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

見えてきたリッター10kmの壁 アトレー低燃費計画

今回こそはいけたかな?ちょっとワクワクしながらガソリンを入れてみました。

走行距離251.2kmに対して入ったガソリンは25.3リットル。

f:id:team-mho:20190924221358j:plain

中古で買ったアトレーですが、最初に燃費を計測したときはリッター8km弱でした。それがメンテナンスをしていく中で効果が出てきたのか?

とうとうリッター9km台まで突入。エアコンを使う時期も過ぎてきて、そろそろいけるかな?と計測してみたらなんと

 

f:id:team-mho:20190924221354j:plain

リッター9.928kmでした。惜しい。非常に惜しい。

今まで乗ってきた車で考えてみると、このアトレーターボでリッター10kmを超えるのは非常に困難かと思っていました。が、しかしエンジンが終わりかけている車ながら、なかなか優秀な数字を叩きつつあります。

もはや誤差とも言えるくらいのところまできました。外気温を考えると、あと1回か2回のチャレンジでリッター10kmを超えなければ難しいかもしれません。

アトレーの燃費向上のために行ったこと

f:id:team-mho:20190923073755j:plain



アトレーワゴンの燃費を向上すべく、行ったメンテナンスは以下の通りです。

・エアクリーナーの交換

・エンジンオイル交換とモーターレブ添加

・ATFの交換

・燃料添加剤を何回か投入

あとは燃費が向上しそうなメンテナンスはしていません。タイヤの空気圧を気にしているくらいです。

もうちょっと走ったらオイル交換の時期になります。入れるオイルは鉱物油ながら、またオイル添加剤を入れる予定です。

メンテナンスで車の燃費を上げるというのは非常にハードルが高いと思います。例えばオイル交換をして1割向上した!という書き込みを見かけますが、実際そんなことってないと思います。

僕自身必ず燃費のデータを正確にとっています。燃費計ではなくて、セルフスタンドで自分自身満タン給油法を使って割り出しているので、正確だと言い切れます。

オイルを交換したくらいでは燃費は1割もよくなりませんでした。オイルの粘度を落としたとしても、燃費は数値に現れるくらいよくなりません。

これらはすべて実証済みです。それよりも燃費を向上するためには乗り方ですね。例えばアイドリング時間を短くする。駐車したらエンジンは停止する。

急発進、急ブレーキを避けるなど。乗り方や使い方を丁寧にすれば、燃費は随分と改善されてきます。

アトレーも今回は結構丁寧に乗ってみましたが、大台には乗せられませんでした。次回の挑戦で大台に乗せられるか?頑張ってみたいと思います。