MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

ノートeパワーにAIを搭載する?どんな制御を加えてくるのか

ノートeパワーです。日産のコンパクトカーであり、シリーズハイブリッドで人気車です。このノートeパワーに、AIを搭載して制御を入れてくるという。

まずおさらいです。eパワーの仕組みから。基本的にモーターで走る電気自動車です。リーフと同じモーターを使っています。しかし、バッテリーをリーフ並みに搭載すると高額になってしまう。

f:id:team-mho:20191105224723j:plain

バッテリーで走れる距離を2km弱として、エンジンで発電しながら走るというものです。

同クラスのアクアやフィットHVなど従来型のハイブリッドカーはエンジンとモーター駆動を組合わせています。

ノートeパワーは、駆動は大出力のモーターを使っています。純粋な電気自動車と比べると搭載しているバッテリーが小さいので、バッテリーが尽きたらエンジンが駆動してバッテリーに電気を蓄える。

エンジンを発電機として使っているのが特徴です。

このeパワーにAIを搭載して制御をかけるということなのですが、なかなか考えてきたねといったところです。

 

f:id:team-mho:20191105224717j:plain

エンジンが始動すると、純粋に電気自動車モードで走ってる時よりも騒音は当然大きくなります。そして振動も発生します。これをなんとかしようと。

どういった制御をAIにやらせるのかというと、ガタガタ道などが発生しやすいところでエンジンを始動させる。

そして、滑らかな道ではエンジンを停止する。この制御を繰り返すわけですね。さらにはドライバーの走行ルートをデータとして蓄積。そのドライバーが日常で走る道の中で、路面の荒いロードノイズが発生しやすいポイントを選んで最適化していくと。

こういう制御を日産が考えているそうです。

確かにガタガタ道でエンジンが始動すれば、ガタガタする音に紛れてしまうので、ドライバーはエンジンが始動したことを感じにくくなります。

滑らかな道でエンジンがかかるよりも、ドライバーの満足度は上がっていくでしょう。

興味深いのはAIにやらせるということですね。ある程度のロードノイズが発生したら制御するプログラムではなくて、AIにドライバー一人一人のデータを解析・学習させて最適なポイントを1台1台制御していく。

このあたりの考えは、これからの時代を感じますね。オンリーワンの制御。可能にするのはAIです。