MHOエンジニアリング

現役猫系自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

ATFの圧送交換と希釈交換のメリットとデメリットは?

ATFやCVTフルードの交換について考えます。

今ATFの交換って、スタンダードになりつつあるのが圧送交換。

うちの会社もずっと昔から導入していますが、トルコン太郎というATFチェンジャーを使って、オイルラインから新油を圧送してミッション内部のフルードを一気に入れ替えるものです。

トルコン太郎の特徴はチェンジャーの中にフィルターがあること。このフィルターで、オイルラインにあったスラッジなどをキャッチしてくれます。

そのため、ある程度走行距離を走っていたとしても、交換が可能になっています。

 

ただトルコン太郎を持ってない工場だと、ゲージから抜いて入れての希釈交換になります。

 

それぞれのメリット、デメリットとしては何か?

 

圧送交換のメリットは、圧倒的な洗浄能力です。そして走行距離がかさんだ車でも対応ができるという点。

なんて画期的なチェンジャーなんだって、当時から思っていました。

今整備の現場でみんなトルコン太郎を使ってることを考えても、間違いない道具です。

 

しかし、デメリットとしては手間と費用がかかるということ。圧送交換の場合、1台で20L缶を一気に使う。もしくはそれじゃ足りないこともあります。

完璧を求めるのなら、20L缶が2つくらいあった方がいいです。

 

希釈法での交換、メリットとしては手軽にできるという点です。

僕も自分の家の車は全部これで、DIYで行っています。

ゴミが入らないように注意すれば、DIYでも問題なく作業ができますので。

そして、4L缶を1つも買えば交換ができるという点。

オイルチェンジャーでゲージから上抜きすると、4Lまで抜けてくることはないので。抜けた分だけ計測して、同じ量を入れてあげる。

これである程度油量調整もできていますので。

デメリットは、距離を走った車で行うとスラッジが油路に詰まったりして、トラブルになることがあるという点。

トルコン太郎みたいにフィルターを介していないので、リスクが高いです。

そして、そこまで綺麗にならないので、回数を重ねてあげる必要がある。

この方法で交換をするのなら2万キロごと位に交換していってもいいくらいですね。

ただしオイルは劣化するものなので、交換する意味は希釈法であっても十分にあります。

交換しないよりはよっぽどマシなんです。