MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

電気自動車を買うのはリースがいいのか?ということを考えてみる

多分、今年から電気自動車のウエイトがそこそこ占めてくると思います。

 

トヨタのbZ4Xやスバルのソルテラ、日産のアリアやサクラ。三菱もサクラの兄弟車である電気自動車を発売します。

 

そして補助金ですね。国からも出るし地方自治体からでる場所もあります。

 

例えば日産と三菱の新型軽電気自動車であるサクラ。車両価格が220万円だとして国の補助金が50万。東京都ならさらに60万。(予測)

なんと110万円も補助金をもらえます。

 

f:id:team-mho:20220321153916j:plain

すると、110万円スタートになるわけで、そうなると他の軽自動車のステーティングプライスに比べて非常に魅力的になります。

 

つまり、サクラは買いである電気自動車になる。

 

しかし僕が住んでる長野では地方自治体からの補助金は出ない為、国からの補助金50万のみ。スターティングプライスは170万円からとなります。

 

この価格だとちょっと微妙になります。というのも、リセールバリューを考えると電気自動車は厳しいからですね。

 

とはいえ乗りつぶす目的ならバッテリーの保証もあるわけで、ギリギリ買いである!と言えます。

 

これが、アリアやbZ4Xやソルテラになると、高額です。補助金を使っても300万~400万円台になってくるわけです。

 

リセールを考えると、数年たつとさらに信頼性の高いバッテリーが開発されてくるであろうことが予測されます。

 

こういう先に対する懸念があるため、電気自動車のリセールって微妙です。この前初期型のリーフを買った人がいるんですが、買ったときはバッテリーの状態はそれほど悪くなかった。

でも、冬になってみるとガクンと電費が落ちてしまい、普段使いがまともにできなくなったと嘆いていました。この人は自宅に充電設備がないためなおさらなんでしょう。

 

という事で、サクラであれば買いであると断言ができます。しかし、アリアクラスになると、実はリースのほうがいいんじゃない?って。

 

そういうことになってしまうかもしれません。

 

これが、もし次世代の電池が開発されたときに、今のアリアやbZ4X、ソルテラにも搭載ができると確約してくれるのであれば、随分市況は違ってきますよね。

 

下手ってきたら最新のバッテリーにアップデートできる。これが出来なかったからリーフの信頼性って、足踏み状況にあるんですよね。

 

バッテリーケースの形を同じにして、そういうことってできないのかなと非常に不思議なんですよね。小型で長寿命。そして安価なバッテリーに交換ができれば心配ごとはなくなりますから。

 

トヨタ辺りがこの辺の保証を改善してくれることを祈ってます。