MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

車の販売にまつわるトラブルは何故起きるのか?

全国的なニュースで、車屋さんのトラブルが出ていました。

どういうものかというと、お金を支払ったのに車が納車されない。そして、返金を要求してもお金を返してくれない。

納車されない詐欺状態になっていると。

f:id:team-mho:20220122161253j:plain

車を買う流れっていうのはどうなっているのか、改めて考えてみます。

ディーラー以外の車屋さんの場合、ディーラーに新車を注文して業販してもらう必要があります。ここでポイントなのは、ディーラーが一般ユーザーへ販売する価格よりも安く手に入れる必要があるということ。

そうでないと、ディーラーから買うのが一番安くなってしまいます。ディーラーと提携している販売店は、業販という関係で車を卸してもらいます。

ディーラーとしては、エンドユーザーが自社の登録ユーザーにはならないけど、車を拡販してもらえるメリットもある。

他のメーカーの車を買われるよりかはよっぽどいいわけです。

車を注文する時、次のポイントはお金です。例えば、200万円の車を初めてのお客さんに注文をもらったらどうか。

素性が分からない為、オートローンなどを借りてくれればお店側は料金回収の手間も省けるし、安心です。

しかし、お客さんが現金で払うという場合、ローン会社などにマージンを抜かれるロスはないが、不安が伴うものです。

もし、納車の時点でお金を払ってもらえなかったら、車両を引き渡さなければいいけれど、一度登録してしまうと中古車扱いになるため価値が下がる。

いろいろなデメリットも含まれる。

そこで、販売店としては注文する段階でお金をもらうお店もあるし、一部納金してもらうお店もあります。

今回問題になったパターンはその逆でした。

お客さんから注文時点でお金をもらっておいて、注文をしていない。

確かに企業体力のないお店だと、先に納金してもらえないと多くの注文が入った時資金不足になってしまいますから。

車は高額な買い物です。一般の人にとっては家の次に高い買い物とも言われています。

この手の悲しい話はなかなか後を絶たないですね。