MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

水抜き剤より燃料添加剤を入れよう

今の車に水抜き剤は必要か?

 

という問いについてですが、最近の車は燃料タンクが樹脂製のものがあります。

 

水抜き剤はそもそも燃料タンクにある水を除去する目的でもあります。

 

f:id:team-mho:20220111235032j:plain

燃料タンクに残ってる水を抜く目的は、タンクの錆を防止するため。

 

つまり、樹脂製タンクにはそもそも不要なのではないか?ということです。

 

燃料タンクの錆という意味合いでは確かにいらないですね。

 

ただし、タンクが樹脂だからと言ってそれ以外も全て樹脂化というとそうではありません。

 

燃料ポンプはケースが金属だし、ゲージユニットも金属の部分がありますから。

 

水抜き剤を使う意味っていうのは、こういった部品の保護も含まれるので、入れる価値はあるという事です。

 

f:id:team-mho:20220111235055j:plain

しかしながら、ただ水抜き剤を入れるよりも、燃料添加剤を入れるほうがいいと思います。

燃料添加剤の中には水抜き剤の効能があるものが多いです。

 

PEAが配合されているものであれば、カーボンやデポジットも除去してくれるのでなおいいと思います。

 

樹脂製タンクであっても、水抜き剤や燃料添加剤を入れる意味っていうのはそれなりにあるということです。

f:id:team-mho:20220111235049j:plain