MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

老害と呼ばれないように!会社のキャンペーンがずっこけた時に思った事

僕が現実社会で働いている会社で、この前キャンペーンがありました。

よくある新春キャンペーンというやつですね。まあ、ディーラーやらいろんな整備工場やショップがやるのと同じです。

f:id:team-mho:20220105203252j:plain

今回キャンペーンを企画したのは、会社の中の若手です。

僕の立ち位置は、キャンペーンに参加するのが非常に難しい業務にいるので、その過程と結果を見ていました。所属するお店も違ったし。

本当は一緒に参加してみたかったんですけどね。

まず、前評判として。

若い社員が、考えた企画はどうだったか?僕がこの会社に来てから、みたことのない発想のものでした。

なかなか新しいね!と。

周りの評価を聞いてみると、どちらかというとみんなあまり乗り気ではない様子でした。

特に年配層からの評判が悪かった。レイアウトが良くないとか、この企画は駄目だとか。

だったら企画のプレゼン時点で止めておけよと思った。

そして、キャンペーンの日を迎えたわけです。僕は違う店舗で通常業務をしていたので、結果を聞くとどうやらさんざんだったようです。

広告費を回収するのも難しいくらいだったと。

なんとか数台成約することができたそうですが、それは先輩営業マンがすでにその日に成約ができたように見せかけた出来レースの3件のみ。

企画をした若者は後日僕にこのように言ってきたんです。

「MHOさんはどう思いましたか?実はSNSでもかなり発信をしてみたんですけどね」

と。

僕は会社のSNSをフォローしていなかったので、自社にいながらそういった広告活動をしていることは知らなかった。

素直に

「今までのキャンペーンの中では考え方は斬新だったし、SNSを使って発信するっていうのはいいと思ったよ!ただ、客層を考えるとマッチしなかったのかもしれないね。ドンマイ。」

と。

今、うちの会社にこういった祭事をプロデュースしたいと思う人間は減っています。

理由は

面倒くさい

どうせこけるのはわかっている

忙しくなるだけで嫌だ

成功したって何もボーナスは出ない

こんなところですかね。まあうちの会社って、はっきり言うと根暗なところがありますから。

そんな中、自分でプレゼンして部長クラスを説得し、実行した彼は正直行動力もあるし凄いなと。うちの会社にはいないタイプなのでなおさらそう感じましたね。

実行したプロジェクトも本当に斬新だった。こけた理由はうちのお客さんの平均年齢ってかなり高いのです。

企画が若者寄り過ぎて、うちのターゲットユーザーに合致してなかったということ。そもそもうちのお客さんで、SNSをやってる人の方が少ないですから。

彼の失敗を陰でコソコソいう社員に対して、僕は逆に嫌だなぁって思いましたね。

これぞ老害だなと。

出る杭を叩いていたら、多分この先、そういった会社は駄目になるだろうなと。

今は出る杭を引っこ抜くぐらい伸ばしてやるのがいいと思うんですよ。

柔軟な発想をどんどん採用していかないと、新規は取り込めないですからね。それと何よりやってもいないのに諦めたりとか、やる前から面倒だっていう考えが駄目ですね。

多分次のキャンペーンを彼が実行する時は、また違ったものになる事を祈っています。

頑張れ!