MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

プロボックスのハイブリッドグレード「GX」が非常にお買い得な話

トヨタの商用バンであるプロボックス。登場してからもうどのくらい経ちますかね?カローラワゴンの後継モデル的なポジションにいるプロボックス

f:id:team-mho:20211227122927j:plain

この度プロボックスにハイブリッドGXというグレードが追加されました。

凄いのがその価格です。

なんと179万円からなんです。

ちなみに、ガソリンエンジンの4WDモデルは183万2千円スタート。

つまり、4WDのガソリン車よりハイブリッドの方が安くなった。ということ。

f:id:team-mho:20211227122922j:plain

でも安くなっても必要な装備がなくなってれば駄目だよなと。

探してみました。何が点いてないのか?

上級のハイブリッドグレードであるFより21万円も安いのは何か?

最初、運転支援システムであるトヨタセーフティセンスがついてないのかと思ったんですが、ちゃんとついてました。

では何が違うのかというと、バンパー、ホイールキャップ、シート、ハンドルなど。

この中でぱっと見で違うよなぁってわかるのはバンパー位です。

シートはヘッドレストが調整式とそうでないのとで分かれますけど。

f:id:team-mho:20211227122939j:plain

必要である装備を全部くっつけてくれていて、179万円スタートですから。

これって、あの86の一番安いグレードに通じるものがありますよね。

自分で交換すればいい部分は、安いものを付けておく。

86ってホイールは多分交換されるでしょう。鉄チンで十分だという発想。オーナーからすれば、必要なものだけついてきて安いのであればそれがいいでしょう。

この前の初代86はエアコンとかも付いてなかったんですよね。さすがにエアコンは付いていてほしかったなって。

そこまでガチに軽量化する人ならいいんですけど、多くの人は通勤にも使いたいですから。

ということで、ハイブリッドGXのプロボックス、多分一番売れ筋になるんではないかと思っています。