MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

ハスラーのリコール、オイルコントロールバルブについて

スズキからそこそこの規模のリコールが出ましたね。

 

主にハスラーですが、VVTのオイルコントロールバルブが固着して動かなくなるというものです。

 

f:id:team-mho:20211127132244j:plain

オイルコントロールバルブってなにかというと、こちらです。これはトヨタのものです。

可変バルタイのVVTユニットでカムシャフトの位相を変えるための、オイル通路を変えているものになります。

 

エンジンに10mmくらいのネジで取り付けられているだけです。カプラーがつながって、電気的にプランジャーを移動させて、VVTへの油路を切り替える。

 

f:id:team-mho:20211127132422j:plain

VVTはこちら。これはダイハツのEFエンジンのDVVTです。

 

f:id:team-mho:20211127132405j:plain

ダイハツのEFエンジンはエキゾーストカムにVVTがついています。

 

DVVTもよく故障して、症状としてはエンジンからパタパタとした異音がでてくるんです。

そして、なんとなくエンジンが不調になってくるので、診断するとDVVT不良。部品は5万円位しましたね。

 

カムシャフトを外さないと交換ができないので、工賃もそれなりきにかかります。

 

f:id:team-mho:20211127132400j:plain

このVVTユニットは油圧で可変させています。オイルコントロールバルブが壊れると、可変バルブタイミング機構が機能しなくなるので、エンジンが不調になります。

 

そしてオイルコントロールバルブって、油圧がかかっているので壊れるとオイル漏れを起こすこともある。

 

f:id:team-mho:20211127132242j:plain

オイルが漏れだしたら凄いですよ。ものすごい勢いで漏れてきますので。

 

オイルコントロールバルブの交換はさほど難しくはないので、早めにリコール作業を受けたほうがいいと思います。