MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

冬のタイヤ交換ではクリップボルトの損傷に要注意!

冬のタイヤ交換というと、一番怖いのがクリップボルトです。いわゆるタイヤのネジです。

タイヤを交換しようと脱着したらポキッと折れちゃったり・・。そんな悪夢が現実に起こりえるのです。

f:id:team-mho:20211109201855j:plain

錆が原因だったり、前回の締め付け時に問題があったり、原因は様々です。

ただし冬に塩カルをまく地域では、ホイールナットが貫通タイプを使ってると、クリップボルトの先端が錆びてしまう。

そこから外そうとすると、錆を喰ってネジ山が駄目になってしまうパターン。多いです。

雪国のホイールナットは袋ナット推奨です。

f:id:team-mho:20211109201922j:plain

こちらの車両も錆が原因で、やはりクリップボルトが駄目になっていました。

タップでネジ山を立てることもできますけど、ここまで錆びついていると耐久力に問題があるので打ち換えます。

f:id:team-mho:20211109201859j:plain

クリップボルトはハブに圧入されているので、基本的に分解整備になります。

認証工場や指定工場でしか作業ができないので注意が必要です。

ホイールナットの周りが渋いと変な潤滑剤を塗るのもNGです。トルクレンチが効かなくなりますから。

基本に忠実にタイヤ交換はしましょう。