MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

修理代車に有無についてで気を遣う事が多い

車を生活の道具として使っている人は、休みの日以外はないと困ります。

僕が住んでいる地域って、山間地に住んでいれば周りに何もない。車がないと必要なものも買いに行けないわけです。

そうなると、車を車検やら修理に出すときって、代車が必要になります。

僕もFC3Sに乗っていたころ、100-0の事故に遭って修理してもらったことがあります。その時に生まれて初めて代車を出してもらったんですが、昭和のクレスタだったのを覚えています。

ATのクレスタが代車。当時RX-7に乗っていたので、なんじゃこりゃーと思いながらも、仕事に行くには車が必要。しょうがなく借りてました。

代車って必ず希望出来る車種にあたるわけでもありません。中でも困るのがマニュアル指定の人。

f:id:team-mho:20210927200354j:plain

今って、マニュアル車の絶対数が少ないです。

うちも管理ユーザーの平均年齢が高いので、マニュアルしか乗れない人がいるんです。

なので、1台マニュアルの代車を用意しています。

が、ことあろうことかこの前戻ってきたら、クラッチが滑っていたのです。

出す前は滑ってなかったので、代車に使われていた間で一気にいっちゃったなと。

そうこうしていたら、すぐに次の予定があったので速攻でクラッチキットを注文。

f:id:team-mho:20210929204550j:plain

手の空いた後輩に一気にOHしてもらいました。

そしてすぐにマニュアル指定のお客さんへと貸し出し。

マニュアル指定かと言えば、若い人でAT限定免許の人も居ます。ちょっと古い代車しか空いてなかったら、

「こんな古いのいや!」

と、代車にクレームを入れられることもあります。

会社に程度のいい中古車が出てきたら、代車を都度取り換えてくれと申請しているのですが、却下されました。

代車って、その会社のイメージにもつながりますよね。古くて汚い車よりそこそこ新しいものにしてもらいたいんですよね。

新車過ぎると乗るのに気が引ける。古すぎると嫌だ。となるとそこそこ新しくて奇麗な車であることが求められます。

ETCとナビはほぼ完備です!