MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

昔の車は応急で修理ができてしまうので最高!

近所のおじさんがスズキのキャリィに乗っています。

たまにホーンが鳴らなくなるという事なので、プライベートで見てあげました。

f:id:team-mho:20210928191516j:plain

見た瞬間いいね!という反応ですよ!

なんといってもシンプルな時代の車です。

ホーンなんて超シンプルな制御なので、最悪本体が壊れてれば中古に付け替えてあげればいいかなと。

f:id:team-mho:20210928191534j:plain

エアバッグすらついていない時代です。

複雑な現代の車よりも非常にシンプルです。ハンドルのホーンパッドを押すとスイッチがONになってホーンがなる仕組みです。

なる時とならない時があるというので、再現してみたらハンドルを90度動かした位置だとなりません。

さらに試してホーンのパッドを押し付けながらハンドルを回すと、やはりなっていたホーンが90度の位置までハンドルが動いたらならなくなりました。

f:id:team-mho:20210928191541j:plain

この位置だとならない。

f:id:team-mho:20210928191534j:plain

ここまで戻すとなる。

ということで、犯人はこちら。

f:id:team-mho:20210928191539j:plain

ハンドルの奥にあるホーンブラシと呼ばれる接点。

そしてハンドル側の接点。ここが90度の位置で接触不良を起こしていました。

f:id:team-mho:20210928191536j:plain

単純に汚れが付いているような感じでしたね。

ハンドルを外してハンドル側の接点を奇麗に清掃して、ホーンブラシも少し磨いて面一にしたら直りました。

古い車はある程度の故障でもなんとかなってしまうので素敵です。