MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

トラックのクラッチOHは重労働だという話

今日、久しぶりにトラックのクラッチOHをしてきました。

僕は今、あまり現場に出ていないので、久しぶりにこの手の作業をするとリバウンドが凄い・・。

肉体的に結構きます。

f:id:team-mho:20210911173316j:plain

車はNKR66のエルフです。

恐らくトラックに慣れている人からしたら、軽トラック感覚でOHできるのかもしれないけれど、小型車に慣れている自分にはちょっと見上げてしまうサイズ。

f:id:team-mho:20210911173220j:plain

まず車が古いと、ネジが錆びている可能性が高くなる。

案の定、マフラーのネジは錆びてるし、ベルハウジングのネジも錆びてるしで、ネジを回すだけでも普段以上のパワーを出さないと駄目です。

f:id:team-mho:20210911173309j:plain

作業はリフトを使って行っているので、わがまま言えませんけど中腰になったりするのでヘルニアもちにはきつい。

エルフの場合、ミッションマウントを外す時に、フレーム上部のネジを外したりする必要があるので。

f:id:team-mho:20210911173252j:plain

走行距離は13万キロほどで、初めてのクラッチOHでした。

f:id:team-mho:20210911173244j:plain

運送会社さんから、フィーリングが良くないのでOHしてくれって言われたのです。

f:id:team-mho:20210911173154j:plain

完全には滑っていなかったものの、確かに寿命は近かったですね。

さすがはプロドライバー。この辺の感覚はすごいです。

f:id:team-mho:20210911173224j:plain

トラックの場合、レリーズフォークもピボットも交換します。

あとはディスク、カバー、パイロットベアリング。漏れていればリヤクランクのオイルシールも交換ですね。

f:id:team-mho:20210911173314j:plain

エルフはベルハウジングが薄いですね。

f:id:team-mho:20210911173305j:plain

作業指数は4.7時間ですが、全てにおいてパワーが必要なだけに、終わった後の疲労感はすごいです。

トラックを扱っている整備工場の皆様、いつも大変お疲れ様です。