MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

現行レヴォーグにハイオクを入れ続けたらエンジン内部がこうなるかも!?レギュラー仕様のハンターカブにハイオクを入れた末路

僕はハンターカブを去年買ってから、ずーっとハイオクを入れ続けてきました。理由は単純にハイオクを入れたほうが、エンジンを保護できるかなと。

ようするにハンターカブが大事だからです。

産まれて初めて買った新車ですから。

f:id:team-mho:20210814141325j:plain

この前見たら走行距離がようやく1000kmを突破したので、各部をチェックしました。

プラグを外して燃焼室もチェックしてみたらビックリ。

f:id:team-mho:20210814141258j:plain

プラグも買ってそうそうにイリジウムプラグへ換えています。

オイル交換は1000kmまでの間に4回位行っているし、今入っているオイルはG3の100%化学合成油。

そして、入れている燃料はずーっとハイオク。雨の日は乗らない。ワコーズのバリアスコートを施工して、シートをかぶせて保管をしています。

どうですか?いかに大事にしているかわかりますね。

そんなハンターカブのエンジンを見たらびっくりです。

f:id:team-mho:20210814141319p:plain

f:id:team-mho:20210814141113p:plain

想像以上にピストントップが真っ黒です。

単気筒の125ccです。二人乗りで使う事が多かったので、エンジン回転は回し気味で使ってると思います。

それなのにここまで1000kmで真っ黒。

原因を考えると思い浮かぶのはハイオク位しかない。レギュラー仕様のハンターカブにハイオクを入れ続けた結果がこれなのかなと。

どうしてかっていうと、ハイオクはレギュラーに比べて燃えにくいです。燃えにくいという事は、燃えカスも出やすいということにつながる。

燃焼を繰り返すことで出たカーボンが1000kmでこれだけたまったのかなって。

もしずーっとレギュラーを入れていたら、逆にエンジンはもっときれいだったのかもしれない。

この仮説が正しければ、現行型のレヴォーグにハイオクを入れている人がいれば、同じことが起きているかもしれません。

現行型レヴォーグはスバルの新世代エンジンが載っています。そして、燃料はあえてのレギュラー仕様。

f:id:team-mho:20210814141306p:plain

メーカーがち密にレギュラーでセッティングを施しているので、ハイオクを入れると諸刃の剣になります。

そして直噴エンジンだからさらに汚れると思う。

これを直すにはPEA配合の燃料添加剤を定期的に入れる事。

f:id:team-mho:20210814141331j:plain

ということで、フューエルワンとフューエルツーを混ぜてハンターカブへ入れておきました。

 

 これでどこまで奇麗になるか?

しばらく様子を見たいと思います。ハイオクを入れるのを辞めたほうがいいのだろうか?