MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

現行型ジムニーのミッションオイル整備基準はどうなっているか?

大人気で納期がまだまだ長いジムニーです。

 

f:id:team-mho:20210804201846j:plain

発売されてから3年は経過して、初車検を終えた個体も出てきました。

初車検の個体は完成検査不備リコールの該当車でもあり、車検代がすこしお安く済んだりしています。

リコールもたくさん出てきたわけですが、そもそも現行型のジムニーって整備基準はどうなっているのか?

この前、お客さんにオーダーされたのはミッションオイルの交換でした。

純正ミッションオイルを取り寄せて交換しました。ジムニーのミッションオイル交換基準は以下の通りです。

メンテナンスノートを見て確認してみました。

一部抜粋してみます。

 

マニュアルミッションオイル・・・4万キロ、シビアコンディションで2万キロ毎

オートマチックミッションオイル・・・4万キロ、シビアコンディションで3万キロ

 

マニュアルでもオートマであっても4万キロで交換してくださいとなっています。

f:id:team-mho:20210804201924j:plain

ちなみにブレーキホースについては、スズキの場合乗用車は無交換、シビアコンディションで4年毎となっています。

ブレーキホースも無交換の時代が来ています。

言われてみれば、点検しても亀裂なんかはいらなくなってきましたからね。

ジムニーのブレーキホースは4年ごと交換とされています。

軽自動車の方が交換スパンは短めになっています。

ジムニーって、普通の車よりも車齢が長く使われています。こだわりを持って乗っている人が多いので、長く使うという事でしょう。

現行型のジムニーは初代に回帰しているため、ひとつ前の若干タウン志向になったジムニーへ買い替えを渋っていたワイルドオーナーが乗り換えてきています。

f:id:team-mho:20210804201910j:plain

いい車なので、乗り換えはいいと思います。

もう少し納期が短くなってくればうれしいんですけどね。