MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

今まで経験した給油口が開かないという罠と対処方法について

今日、ふと給油口が開かないというポロが飛び込んできました。

f:id:team-mho:20210811205935j:plain

このポロは給油口の開閉ロックをドアロックと連動させています。

ドアロックをかけると給油口もロックされる。

多くの国産車にも同じシステムが搭載されていますね。

ガソリンを入れようとして給油口が開かない。このシチュエーションは焦ります。

ポロの場合、ドアロック解除のボタンを押しながら、フューエルリッドに衝撃を与えると開くことがあるんです。

f:id:team-mho:20210811205942j:plain

ただし、その後もう一度閉めてみてきちんと開閉するならいいんです。様子見でも。

高確率でまたロックが解除できなければ、部品を交換するしかない。

f:id:team-mho:20210811205949j:plain

アクチュエーターは1万円ちょっとです。

昔のVWは給油口の蓋を開けるのにエンジンの負圧をわざわざ利用しているタイプがありました。

その負圧ホースが抜けてたり、切れてたりで開かなくなるんです。

僕が経験した給油口が開かないトラブルはVWのこの2パターン。

あとはK11マーチ。あれはフューエルリッドとレバー間のワイヤーが切れていたんだと思います。

そして自社の代車。中古車を降ろして代車にしたらことあろうことが結構な大事故をしているようで、ワイヤーが外れてるんですよ。

なんとお粗末な板金なんだろうか・・・。

いずれにしろ、給油口の蓋は何とかして開けることができます。

最終的には、車の内側から内張を外して中からあけるという方法を取ります。

クォーター周りの内張をはがすので、時間も手間もそこそこかかります。

でもこの手のトラブルは結構あるんです。

なので、お勧めなのはガソリンをカラカラにしないこと。ある程度余裕をもって給油していれば、仮にその日燃料を入れなくても耐えられます。

最悪なのがエンプティが点いた状態で、フューエルリッドが開かないというパターン。

もうその場で何とかするしかない。

ちなみにこのポロの人は4分の1しか減ってなかったです。聞いたら、1メモリ減ったらいつもガソリンを入れているとのこと。

さすがにこれは頻繁過ぎないかなと思ったけど。まあ危機管理的にはオッケーですね。