MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

古くなってきた車で各種メーターが動かない時は診断を慎重にせよ!の巻き

古くなってきた車で、トラブルとしてメーターが動かないというもの。

この診断って、ちょっと気を付けたほうがいいです。

f:id:team-mho:20210705185903j:plain

例えば水温計だったり、燃料計だったり、タコメーターだったり、スピードメーターだったり。

昔の車みたいにメーターワイヤーで、メーターを動かしている車でワイヤー切れという確実な診断ができるものならいいんですけど。

そうではないものは気を付けないと駄目です。

例えば、燃料メーターならどうか?

まずゲージユニットとメーターを切り離して考える為、ゲージユニットの配線を短絡させるなどしますよね?

その時メーターがきちんと作動していれば、ユニット不良と考えられる。

タコメーターもそう。回転センサ側に問題がなければ、メーター不良である可能性が増えてくる。

f:id:team-mho:20210705185846j:plain

ただし、ここで気を付けないといけないのはメーターの基盤部分です。特にプリント基板以外の電子部品がたくさんついているもの。

意外とメーター本体が不良という判断をしても、直らない時があります。

何故かというと、メーター基盤の抵抗値などが狂っていて正常に動かないケースが多くなってきます。

メーター故障の判断が微妙に難しくなってきているということですね。

メーターがもし不良だと思ったら、見積もりはメーターアッセンブリーにしておかないと、追加で基盤もと上積みをしていくと信頼がなくなりますから。

f:id:team-mho:20210705185909j:plain

見積もりは高めで、請求はそれより安く。

それが一番いい印象になります。疑わしい部品があったらそれもきちんと見積もりしておく事。

最初にある程度の最大値にしておいて、引き算をしていくほうがトラブルにならなくて済みます。

f:id:team-mho:20210705185857j:plain

このキャラバンもタコメーターが動かなかったんですが、カプラーを付け替えれば治りました。

この時点でタコメーター本体が駄目だと結論付けるのは早計。

取り合えずメーターアッセンブリの見積もりを伝えておいて、完全に壊れるまでは使うという判断をお客さんはしていきました。

完全に壊れちゃったほうが診断は楽ちんです。