MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

トヨタのガソリンNAエンジンのオイル交換は最長で15000km!これってどう?

今うちの車に安いオイルが入っています。

近所で一番安く買えるオイルで買ってきたんです。カストロールのオイルが一番安く買えたんです。

それを使い込んで現在5000kmを走破しました。

f:id:team-mho:20210607194647j:plain

5000km時点でオイルがこの汚れです。

トヨタが定めているオイル交換時期はガソリンのNAエンジンで、15000kmまたは1年。シビアコンディションでその半分。

となると、オイル交換をしてからまだ5000kmなので、あと2500km使えるという事になります。

ただし、これってどうよ?って思ってしまいます。

最長の15000kmまで同じオイルを使い続けるという事は、トヨタはその性能を担保しているわけですけど、実際はスラッジが溜まってくると思うんです。

スラッジが溜まってくると、NAエンジンとは言え可変バルブを使っているエンジンであれば、ソレノイドバルブが詰まって動かなくなったり。

タイミングチェーンからもガラガラ音が出てくるかもしれない。

f:id:team-mho:20210607194640j:plain

僕は家の車のオイル交換を3000km~5000km位の間で行うようにしています。

ただ今回はシビアコンディションの7500kmまでひっぱってみようと思います。

どこまでオイルが汚れるのか?

エンジンに異音などは発生しないのか?

f:id:team-mho:20210607194650j:plain

現在の走行距離は69011km。

もし15000km毎のオイル交換で済むのであれば、10万キロに到達するまでに7回オイル交換をするだけでOKとなります。

10万キロまでに7回のオイル交換で済むというのは、ある意味エコですよね。

オイルだって石油製品ですから。

オイルを長く使えばある意味エコ。ただしエンジンが壊れたらエコではありません。それでも自動車メーカーはもちろんマージンを考えてオイル交換を設定しているはずなので。