MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

WAKO'SのRECSを施工して約800km走行後!コスパは高いのか検証

WAKO'SのRECSを約1ヶ月前に施工しました。

そこから800kmほど走行していたので、改めてレポートします。

f:id:team-mho:20210429151326j:plain

RECSはWAKO'Sの点滴のようにして使用するカーボンクリーニングです。

エンジンのインテークから負圧を利用して溶剤を吸わせて燃焼させる。

吸気ポートからバルブ、インジェクターと燃焼室をクリーニングする役割をします。

f:id:team-mho:20210430134100j:plain

このRECSですが、一応WAKO'Sの契約をしているお店でしか施工ができません。

うちの会社もWAKO'Sを取り扱っていますが、ネットでキットを買ってDIYで試してみました。

f:id:team-mho:20210430134045p:plain

f:id:team-mho:20210430134055p:plain

ちなみにこちらが施工前のピストントップの状態です。

これがどのように奇麗になっていくのか?

f:id:team-mho:20210606153934j:plain

RECSを施工後、約800km走ったのでレポートします。

施工したのはND型ロードスターでエンジンは直噴です。

結果はこのようになりました。

f:id:team-mho:20210606162258p:plain

f:id:team-mho:20210606162359p:plain

f:id:team-mho:20210606162317p:plain

f:id:team-mho:20210606162344p:plain

f:id:team-mho:20210606162433p:plain

f:id:team-mho:20210606162448p:plain

RECS施工後800km走行したNDロードスターの燃焼室です。

これを見てどう思いますか?

僕は正直なところ、もう少しカーボンがおちていてほしかったなぁと思いました。というのも、RECSを施工するとお店では1万円以上かかるところが殆どです。

理由は溶剤が高価な事。そして、施工に時間がかかる事。手間がかかるので、費用がかさむのは当然です。

費用対効果で考えるとどうなのか?

この画像だけで判断するのは早計ですが、僕個人の感想としてはイマイチだったなと。

インテークのポートやバルブ廻りもビフォーアフターで撮影できていれば、印象は変わっていたかもしれませんけど。

ピストントップのカーボンは、費用が掛かっている割には落ちてなかったなぁって。

これからカーボンクリーニングをおこなう人の参考になれば幸いです。

直噴エンジンだとインジェクターを外してポートを点検という事が難しいので、今度はインジェクターが簡単に脱着できる車で試してみたいなと。