MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

カーボンで汚れたピストンをWAKO'Sのフューエルワンに1ヶ月漬け置きした結果

この前から実験していることの続きです。

ぶっ壊れた2サイクルエンジンのピストンを分解して、フューエルワンに漬け置きしたらどうなるか?

f:id:team-mho:20210523083104j:plain

今日で1ヶ月が経過したのでどうなったかなと。

検証してみます。

f:id:team-mho:20210424094847j:plain

最初の状態はこんな感じです。

草刈り機のエンジンですが、壊れた原因はピストンの棚落ち。

ポートから削れて傷だらけになっていました。

f:id:team-mho:20210424094835j:plain

このピストンにフューエルワンの原液がはいった入れ物へ漬けておきました。

 

 1ヶ月後の状態はこちらです。

f:id:team-mho:20210523083104j:plain

f:id:team-mho:20210523083225j:plain

フューエルワンは真っ黒になっているのが分かります。

ピストンはどうなったか?

f:id:team-mho:20210523083100j:plain

どうでしょう?

f:id:team-mho:20210523083112j:plain

汚れは随分と奇麗になっています。

f:id:team-mho:20210523083121j:plain

ピストンの頭頂部もカーボンがおちている。

f:id:team-mho:20210523083150j:plain

明らかに汚れが落ちていますね。

f:id:team-mho:20210523083203j:plain

フューエルワンにはPEAが配合されています。

ポリエーテルアミンとよばれるもので、エンジンのカーボンなどを奇麗にしてくれるもの。

燃料添加剤の中にはこのPEAが入ってるものとそうでないものがあり、PEAが入っていないと燃焼室がきれいになりません。

フューエルワンには高濃度のPEAが配合されていて、燃料添加剤としてかなり高い評価を受けています。

本来ならガソリンへ添加して、燃焼室へ噴射して燃焼させることで最大限の効果を発揮させますが、PEAはつけておくだけでもここまでピストンを奇麗にしてくれることがわかりました。

引き続き経過を観察したいと思います。