MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

足元が空中に浮いていた状態の車!車の錆には要注意!

長年自動車整備をしていて、一番大敵だと思ったのは何か?それはやはり錆なんだと思います。

例えば、とあるネジを外さないと修理ができない部位。そのネジ1本が非常に錆びていて外せそうにない。

こんなシチュエーションって山ほどあります。

錆びていない車の作業って、雪国の整備士から見ると非常に作業がしやすいです。

f:id:team-mho:20210421202050j:plain

なんだかステップから光がもれているぞ?と思ってフロアマットをはがしてみる。

f:id:team-mho:20210421202044j:plain

どうでしょう?実は床がすでに底抜けていたというパターン。

フロアマットがあるから足がおちなくて済んだけど。実は空中に浮いていたんだよという。

f:id:team-mho:20210421202030j:plain

水抜きの悪いフレームなどはこの有様です。ここまでひどいともちろん車検に通せません。

f:id:team-mho:20210421202027j:plain

リヤのサスペンションメンバーがごっそりと落っこちてしまいそう。

そんな状態です。

どんなに難しい作業よりもこの手のボディの錆っていうのが、一番作業のネックになってくると思います。

このフレームの車はスバルのRA型プレオですが、メンバーを降ろしてフレームを板金修理してもらったこともあります。

修繕費は20万円を超えましたね。

車検を通すのに20万オーバーの板金フレーム修理が必要である。これはいかがなものかと。

この当時のプレオとダイハツのリヤフレームは錆びて朽ち果てることが有名です。

これは水抜きの構造がよくないんだから、メーカーがちゃんと面倒見てほしいよなと現場は思っています。お客さんがかわいそうです。