MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

2022年5月以降の新型車にはバックカメラ搭載を義務化?すなわちモニターが必要になる

先日、2022年5月以降の新型車についてはバックカメラなど後退時車両後確認装置の搭載を義務化にするというニュースが流れました。

ニュースを見出しを見たら、バックカメラの搭載なのかなと思ったらそうでもなく音でもいいような記載になっています。

すなわち、ソナーを使った音による警報やバックカメラなどでアシストする装置の義務化という事ですね。

f:id:team-mho:20210226215357j:plain

バックカメラって、やっぱり便利です。

バックカメラの恩恵にあずかれるのがコンテナのトラック。コンテナを積んだトラックって、後方確認はドアミラーのみで行っていました。

大型免許には深視力の検査が追加されます。これは何をするのかっていうと、3本の棒が横並びに並んでいます。真ん中の棒だけ手前から後方へ移動するんです。

3本の棒が一直線上に並んだ時にボタンをおすという検査です。

この検査でいわゆる遠近感をちゃんと持てているかを確認しています。

ドアミラーだけで後方を確認しないといけない大型ドライバーに必須のスキルになります。

コンテナ車にバックカメラがあった時の恩恵と言ったら、もう最高です。本当に。

僕も大型を持ってますが、今までだったらやはり自信が持てないので、一度車を降りて後ろを確認して最終的に際まで寄せました。

その必要がないからですね。

大衆車にとっても大きくなればなるほど条件は同じです。バックモニターが標準化されればそれは心強いです。

ただしバックカメラをつけるということは、室内にモニタが必要になります。ナビなどのモニタを純正装備させるのか、ドアミラーに表示させるのかのどちらかになると思います。

そこまで費用がかけられない軽貨物などはソナー型になるかもしれない。

軽トラックにバックモニターが採用されてもねぇって。思う人も居るでしょうし、それより安くしてほしいという意見だってあります。

今の軽トラックにはバックソナーが付いてる車種があるので、障害物が接近すると警告音を発生させています。

それが標準装備になるという事ですね。車はもはやセンサーまみれになってきました。

 

www.youtube.com