MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

エンジンが不調だったセドリックの原因はECUのパンク!その原因は何故か?

セドリックです。エンジンが不調。

f:id:team-mho:20210327171818j:plain

この車はV型エンジンを搭載しています。

f:id:team-mho:20210327171850j:plain

症状を確認してみると、V型エンジン一部が機能していないような状態でした。

V6の2000ccのはずが、5気筒のような状態です。

6気筒エンジンの1気筒が失火していると、直4エンジンなどに比べるとわかりにくいです。

6気筒って非常にスムーズなエンジンですが、気が付かない人は気が付けないかもしれない。

原因を探っていくと、ここにありました。

f:id:team-mho:20210327171907j:plain

ECUです。

f:id:team-mho:20210327171840j:plain

内部を見てみると、基盤が焼けているのがわかります。

写真中央の白い斑点がついてる部分。これはインジェクタを駆動している回路だと思われます。

f:id:team-mho:20210327171854j:plain

これにより、インジェクタが駆動できない状況にあった為、エンジンが不調になっていました。

f:id:team-mho:20210327171859j:plain

どうしてこのようなことが起きたのかを点検してくと原因が判明しました。

原因はこちら。

f:id:team-mho:20210327171821j:plain

インジェクタのカプラが壊れていて、ここからショートを起こしていたようです。

インジェクタのカプラが原因でECUまでパンクするということですね。

この年代の車になると、配線のカプラって非常に割れやすくなっています。プラスチックが硬化しているからです。

鮮度の高い新車なら、プラスチックと言えどもしなります。そのしなりを利用してカプラのロックを解除できます。

しかし、経年劣化を起こしている古い車になると、しならないですぐにパッキンと割れてしまう。

f:id:team-mho:20210327171844j:plain

カプラも消耗品であるという例ですね。

整備する時は慎重に!


180SX復活計画!ミッション・9年間たまった汚れを落とせ!洗車してみた結果ボディの状態は?