MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

プレオのスーパーチャージャー、オイル漏れ修理 ヘッドガスケット交換

スバルプレオのスーパーチャージャー。オイル漏れを起こしていたので修理しました。

オイル漏れを起こしていた箇所はヘッドガスケットです。

f:id:team-mho:20210317065246j:plain

まずはフロントバンパーを外します。

f:id:team-mho:20210317065413j:plain

軽自動車ですけど、スーパーチャージャーが付いてるとヘッドガスケットまでたどり着くのがなかなか骨が折れます。

 

f:id:team-mho:20210317065327j:plain

外すものはたくさんです。スロットル廻り、スーパーチャージャータイミングベルトパワステポンプ、オルタネーターも外します。

f:id:team-mho:20210317065444j:plain

ヘッドガスケットを交換するということすなわち、タイミングベルトも外すので一緒に交換してしまうのが得策。

f:id:team-mho:20210317065504j:plain

ある程度のものが外れたらヘッドカバーを外します。

f:id:team-mho:20210317065434j:plain

そして、ヘッドボルトを外してシリンダーヘッドを外します。インマニもエキマニもヘッドにつながってる状態でおろしてしまいます。

f:id:team-mho:20210317065541j:plain

エンジンマウントなども切るので、エンジンが下がります。ジャッキで下からエンジンを支えておきます。

f:id:team-mho:20210317065215j:plain

古いガスケットを奇麗にはがします。

f:id:team-mho:20210317065613j:plain

オーバーヒートをしているわけではありませんが、ヘッドとブロックの両方の歪みを測定しておくことをお忘れなく。

f:id:team-mho:20210317065212j:plain

エンジンの歪みに問題がなければ新品のガスケットを取り付けます。

f:id:team-mho:20210317065239j:plain

スーパーチャージャーの中はギヤオイルが入っています。このタイミングで交換してしまうのもいいかもしれない。

この車でやりにくいのがウォーターポンプです。ベルト側ではない裏に1本クーラントのホースが通っています。それをウォーターポンプにつなぐのが大変。

f:id:team-mho:20210317065527j:plain

f:id:team-mho:20210317065420j:plain

タイミングベルトをかけて復元していきます。

f:id:team-mho:20210317065609j:plain

組み上げたらバンパーを取り付ける前に各部を洗浄。水やオイルが付着した部分を奇麗に洗い流します。

この作業が、仕上げっぽくて好きです。

f:id:team-mho:20210317065603j:plain

各部から漏れがないことを確認したら、復元して実走テストです。問題なければ終わりです。

プレオのヘッドガスケット交換でした。


フラッシングオイルは無意味?右と左どちらがフラッシングしたかわかる?波紋を呼ぶフラッシングオイルの意味とは?

エンジンオイルは早めに交換しましょう。

オイル管理が悪い車の方がオイル漏れしやすい傾向にあります。