MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

オイル交換後6000km以上走ってウォッシャー液も空っぽだった実家の車

実家の車が車検の時期に来ていたので、車を引きあげてきました。

整備士が家族にいる為か、実家の車って意外とノーメンテナンスの事が多い。うちだけかもしれませんが・・・。

まず、最初に確認したのがオドメーターの距離です。29000km位進んでいました。そういえば、この前オイル交換をしたなぁ。夏位だったよなぁとステッカーを見てみると、前回交換してから6000km弱走行されていました。

f:id:team-mho:20210128205440j:plain

この時点で、うわーっとなってしまいました。

次に引き上げながら動作確認をしたらなんとウォッシャーが空っぽで出ない・・・。

ないわーと心の中で叫びながら、近所の薬局でウォッシャーとキーのボタン電池を買って家についた時点で交換・補充をしました。

自分の家に着いた時点でオイルを上抜きして交換。夜だったので、レベルゲージなど写真を撮りませんでしたが真っ黒でしたね。

うーんどうしてこうなのだろうか?

隙間からベルトの亀裂とブレーキパッドの厚みを確認したら、この辺はまだ大丈夫そうです。

灯火類は割れているところはないので、1日で車検をすることもできそうでした。

身内の車とは言え会社の勤務中に車検をやるのは、心苦しいです。みんなそうなんですけど、車検の時は最低限の整備で検査に挑んでいます。

12ヶ月点検などを重点的にやって、車検に引っかかりそうなところは最初に修理しておくのが当社のやり方です。

その為、オイル・ウォッシャー・キーの電池くらいは交換しておこうかなと。

あとは車検の時に今後交換が必要になるであろう部品を洗い出しておいて、少しずつ交換をする。

こんなスタンスでやっています。

しかしいきなり走行距離が伸びてしまうとオイル交換などはどうしても追い付きません。

前もそうだったんですけど、真っ黒でしたからね。

ターボなのでオイル交換をさぼっていると壊れちゃうよって言っているのに、なかなか分かってくれない。

僕にとっては実家の車って、ちょっと要注意な車だったりします。さらにはドライブレコーダーはSDカードのフォーマットを無視しているため、撮影できてませんがな・・・。

これで3万キロ台に乗るので、次の春あたりにベルトとブレーキパッド位換えてこようかなと。次回車検まで何もしないで乗り切れるようにしておかないとマズいです。