MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

各国の自動車メーカーが対コロナウイルスに動きだした!日本のメーカーにもやってもらいたい事

各国の自動車メーカーが、対コロナウイルスとして動き出していることを

ご存知でしょうか?

最初に記事に上がったのがアメリカのGMトランプ大統領が人工呼吸器の製造を命じて製作に入りました。

有名なメーカーの動きとしてはランボルギーニがマスクを作り始めました。ランボルギーニがつくるマスクなんて、逆にみんなが欲しがってしまいますよね。

そうかと思えばフェラーリも人工呼吸器を作り始めた。日本の自動車メーカーはどうか?

未だ動きはありません。他業種でマスクの製造に乗り出したのはシャープが早かったですね。マスクが手に入らなくなってからすぐに製造に名乗りを上げてくれました。まだシャープ製のマスクを目の当たりにしていませんが、増産されれば使う機会も来ると思います。

日本の自動車メーカーも、製造ラインを中止せざるをえなくなっています。ここらで本腰をあげてコロナウイルス対策に手を出してくれればいいのになと。

自動車って、人の命を預けるものです。その自動車は各種センサーやECMなどを複雑に制御しながら安全に走行ができるようになっている。

この技術を応用すれば、人工呼吸器だってあっという間に作れるでしょう。うちの子供、昔肺高血圧症という難病にかかっていました。

血中酸素濃度が低くなり、常に酸素ボンベを持ち歩いてじゃないと外出ができなかった。自宅にいるときは酸素製造機をベッドの横に置いて、チューブで鼻の近くに酸素を出していたんです。たしかメーカーはテイジンのものを使っていた。

これと同じものが家にあれば、コロナで肺炎になった時にもちゃんとした処置をうけるまでのつなぎになるかもしれません。

ただ、これってオートメーション化していなく、自分で濃度を調節する必要があったんです。

自動車メーカーに期待するのは、AIを搭載した人工呼吸器です。人の手で細かく都度設定をするような人工呼吸器だと管理しきれません。AIが搭載したオートメーションの人工呼吸器ならば、無人でも大丈夫。

今こそ高度な技術を転用する時だと思います。実際酸素吸入器ってもう予約待ちですぐに手に入らない状態になっています。

自動車メーカーには品薄になっている人工呼吸器の製造を。

そしてサプライチェーンにはマスクの製造がいいと思います。特にエアコンフィルターを作ってるメーカーとエアクリーナーを作ってるメーカーです。

車用のマスクを作れるんだから、人用のマスクなんてお手のものです。

自動車ではラインが停止してしまうと収益が確保できないけど、需要があるマスクと人工呼吸器の製造に乗り出してもらい、この難局を超える手助けをしてもらいたいです。

最初に手をあげてくれるメーカーはどこだろうか?