MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

2月22日はネコの日?だけど、猫バンバンについて言いたい事

今日は2月22日。猫の日です。僕、実は子供のころから猫をたくさん飼っていました。真っ白な白猫を僕が拾ってきて、家に連れて帰って親の反対を押し切って家に住まわせた(笑)

最初は反対していた両親も猫に癒されて、しぶしぶ承諾!という王道コースです。でも拾ってきたネコがメスだったので、子猫を2年に1回程度産むのです。その子猫も貰い手があったら人にあげていましたが、残りは家で飼ってました。

するとどんどん増えるだろう!と思いきや、悲しいことに交通事故で亡くなったり、病気で亡くなったりして僕が成人するころには家にネコはいなくなりました。

と、猫に関する思いで話はここまでにして、今の時期だと飼い猫は家にいるからいいのですが、野良猫はいわゆる暖かい場所を求めてさまよっています。

有名なのが車のボンネットの中、エンジンルーム。

走ってきた車ってエンジンが熱い。それが冷えてくるとちょうどいい温度になるわけですね。これが野良猫さんたちには非常に暖かい場所として全国各地で重宝されています。

が、悲しい現実も起こる。

f:id:team-mho:20200219232413j:plain



僕は整備士をやってるので、お客さんの車のボンネットを開けるときはドキドキです。怪しい車ってなんとなく臭いがするからわかるんですよ。一発で発見できる場合と、リフトアップして下からそーっと覗いてみるとこんにちわしてしまう時と様々。

野良猫にとっては天国であって地獄でもある車のエンジンルームです。そんな悲惨な事故を減らそう!ということで、確かツィッター日産自動車だった思いますが広めてくれたのが猫バンバン。

車を走らせる前にボンネットをバンバンして、もし中に野良猫がいる場合はこれからエンジンをかけるぞ!と教えてあげようという試みです。

全国的に猫バンバンがリツイートされました。いいことです。動物の中で一番猫が大好きな僕もうれしいです。

ですが、物言いです。リモコンエンジンスターターを使ってエンジンをかける人は意味ないじゃんって。僕が物言いをしなくてもすでにされてると思いますが。

じゃあリモコンエンジンスターターを使わないで、暖機しろっていうのか!?って怒られちゃいそうですが、冷間時にエンジンをかけることって重要です。

直に真冬のエンジン始動を自分でやってみると、セルモーターの回りがなんだか遅いなぁとかエンジンのメカニカルノイズって、寒いときこんなに大きいんだ!とかいろんな発見もあるのが事実です。

でも寒い冬にリモコンでエンジンをかけられる恩恵は素晴らしいですよね。なので、エンスタメーカーに提言です。

エンジンスタートするちょっと前に何かしらの音を発生できないものか?それも人間には聞こえない可聴領域で、猫や動物にだけ聞こえるようなアラート。

これが少ない常時電源で発動できれば、エンジンルーム内の配線をネズミに喰い散らかれるという事態も回避できるかなと。

f:id:team-mho:20200219232655j:plain

人間に聞こえない周波数の音をしばらく発生させてから、クランキングする。そんなエンスタが登場すれば、猫大好き整備士の僕もうれしいです。

猫の日なので、それが言いたかったのです。それでは!