MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

未だに軽自動車用のレグノが売れたことがない

ブリヂストンが設定するタイヤにレグノというモデルがあります。レグノ、どんなタイヤというととても乗り心地がよくて静粛性の高いタイヤです。

主に高級車に履かせるためにラインナップしていました。レグノが似合うのは高級セダンですね。それこそ各メーカーのフラグシップモデルなど。純正標準タイヤが減ってきた・・。さて次のタイヤは何にしよう?

こういう時に迷わずおすすめするのがレグノでした。

そんなレグノというタイヤですが、数年前から軽自動車用のサイズもラインナップしてきた。

今一番主流な軽自動車のタイヤサイズは155/65R14です。このサイズにも当然のごとくラインナップしています。

軽自動車用のサイズが設定されたということですが、今まで現場で売れたことがあるか?というとありません。

f:id:team-mho:20190929223055j:plain

画像はネクストリーというタイヤ。155/65R14だとほとんどのシェアがこのネクストリーが主流です。たまにエコピアを選ぶ人もいる。エコピアの方がネクストリーよりも高いタイヤです。

そのエコピアよりさらに高いのがレグノです。

ネクストリーとの値段差は2倍近い。

それでは何故軽自動車用のレグノが売れないか?を考えてみました。

軽自動車用レグノが売れない理由?

f:id:team-mho:20190929223059j:plain

もう言うまでもなくターゲットユーザーが少数であるという点につきますね。そもそも軽自動車に乗っている人って、何故軽自動車を選ぶかというと一も二もなく経済性を考えてのこと。

それか、どうしてもその軽自動車が欲しかったから。この2択ですね。9割くらいは経済性を考慮して軽自動車を選んでいます。維持費が安いですから。

コストを重視するユーザーに、レグノを勧めても却下されるのは聞くまでもないです。逆にクラウンに乗ってる人にレグノをおすすめしてみると、結構な確率で買ってくれます。

S660に乗ってる人は、軽自動車という枠組みを超えてS660が欲しいんだと思います。そこにあまり経済性は考えていない。だけどS660にレグノを履かせるか?というと微妙ですね。

もうちょっとスポーツ志向のタイヤがよく似合う。

それでは軽自動車の中でも高級グレードに乗ってる人ならどうだろう?多分おすすめしても難しいですね。

軽自動車を選んでいる時点で、やはり経済性のことが問題になります。

では逆に軽自動車でレグノをおすすめできるターゲット層ってどんな人なのか?これは普段はクラウンに乗っている社長さんが、奥さんが乗ってる軽自動車にたまーに乗ってみる。

なんと乗り心地が悪いんでしょう。タイヤも減ってるしレグノだ!こういう奇跡的なパターンがある場合。

それかやはり社長クラスの目の肥えた人が、どうしても軽自動車で移動する時間が長い場合などですね。例えば軽じゃないと通れないほど細い場所を通過する。

こんな時、うーんレグノだ!となるかもしれません。

いずれにしても相当なレアケースです。あとは本当に車が好きな人がチョイスするか、旦那さんが車大好き人間で、奥さんの車の乗り心地をどうしても改善したい。こんな場合くらいしか思い当たらない。

僕のお店でもオーダーをもらえればレグノ用意します。しかしこちらから勧めても却下。お客さんからオーダーされることは今の今まで一度もありません。

一度でいいから軽自動車にレグノを売ってみたい。