MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

実際のところ、エンジンオイルの交換はどのくらいでするのがおすすめなのかを本気で考えてみた

車のメンテナンスで一番悩ましいもの、それはエンジンオイルの交換です。おそらくオイル交換というワードは、免許を持っている人であれば必ず知っているだろう初歩的なメンテナンスです。

EV以外のエンジンを積んで動力としている車は、エンジンの潤滑にオイルを使っています。これが劣化してくるので交換をしないといけない。2サイクルエンジンにはオイル交換はありませんが、4サイクルエンジンにはオイル交換があります。

 

f:id:team-mho:20190901083913j:plain

オイル交換って一体どのくらいですればいいものか?整備士目線で真剣に考えてみました。

まず、自分は置いておいて他人はどうなのか?これはもう いろんな人がいます。それこそ車検から車検まで交換しない人もいますし、2000kmくらいでオイル交換を毎回実施する人もいます。

コストを考えると、オイル交換の回数は少ない方が懐は優しいです。壊れないギリギリのラインで使うのであれば、通常よりも長めのスパンで交換したほうがいいわけです。

そこで基準となるのが、メーカーの指定交換時期ですね。

f:id:team-mho:20190901083854j:plain

 

メーカー指定のオイル交換時期は15000kmまたは12ヶ月ごとというものがほとんどです。軽自動車のターボになるとシビアコンディションで2500km指定されているメーカーもあります。

15000kmと2500kmじゃ6分の1ですよね。

何がそんなに違うのか?最長の15000kmに指定されているのは比較的排気量の大きい車です。軽自動車に至っては、リース車であっても交換時期は短く設定されています。

リース車って、メンテナンス費用を抑えて車を長持ちさせることを最優先としているところがあります。ランニングコストを抑えて車を使い倒せれば、リース会社にとってはメリットが大きいですから。

軽自動車は排気量も小さいので、普通車よりもエンジンを高回転まで使わないと厳しい。つまり、エンジンに対する負担が大きいわけです。そしてオイルの量のほとんどが3リットル程度。

3リットルのオイルを全体に循環させて、さらに高回転まで酷使される。普通車よりもオイルを酷使している。

普通車よりも軽自動車の方がエンジンを酷使されているので、交換時期が短くなっています。

それでは、オイル交換って結局どのくらいで行えばいいのか?総合的に考えると、僕は走行距離5000kmに1回、もしくは半年に1回交換すればいいんじゃないかなって思います。これはNAの場合です。

ターボ車になると油路が詰まるとタービンが壊れてしまうので、NAよりは早いタイミングで交換するのをおすすめします。

やはり3000kmを越えたら5000kmまでの間に交換するのがいいかなと。僕も軽自動車のターボに乗っていましたが2500kmではオイル交換が早いと思うので3000km〜50000kmくらいの間で交換すればいいんじゃないかなと思います。

それよりも6ヶ月経過したら、距離が来ていなくても交換。このスパンを守ればほぼエンジントラブルはないでしょう。シビアコンディションとノーマルコンディションのちょうど中間くらいを狙って設定する。

f:id:team-mho:20190901083857j:plain

もしとても気に入ってる車であれば、もっと早いスパンで交換することをおすすめします。僕自身は3000kmをすぎたら5000kmくらいまでの間でオイル交換をしています。

今はオイル交換時に添加剤を入れているので、あまり早めに交換するのもなぁという気持ちになってしまいまい、いつもより長めにオイルを使っています。

距離が来ていなくても、時間が半年を経過していたら交換。車検から車検までというのはおすすめしません。

当然月に1回はオイルの量だけはチェックしてください。もしかしてオイルをくっていたら補充すること。とにかく規定量入っていないと一番まずいです。