MHOエンジニアリング

現役自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

10月の車販売はトヨタの一人勝ちだった件

10月の新車登録販売台数が分かりました。これを見るとトヨタの一人勝ちだったことがわかります。10位までを挙げてみます。

f:id:team-mho:20191107210145p:plain

1位 カローラ 11190台

2位 シエンタ 9302台

3位 ルーミー 6962台

4位 プリウス 6898台

5位 タンク 5420台

6位 ノート 5263台

7位 アルファード 5130台

8位 アクア 4967台

9位 ヴォクシー 4383台

10位 ヴィッツ 4383台

 

以上が10月の登録車販売台数ベスト10です。なんとトヨタ車が9台です。日産のノートが6位にきているものの、あとは全てトヨタ車。

これはなんとも際立っていますね。

ちなみに11位はフリードです。12位はセレナ。13位はRAV4。14位フィット。15位ステップワゴン。16位ヴェゼル。17位ソリオ。18位ノア。19位パッソ。20位C-HR

スト20まで見てもトヨタ車が多いですね。マツダ・スバル・三菱が出てこない。

マツダは21位にCX-30。スバルは30位にフォレスター。三菱は39位にデリカとなっています。

他のメーカー、元気がないですね。ちょっとビックリなのがルーミーとタンクがベスト10に入っているということ。ルーミーとタンク、特段新しいモデルでもありません。それじゃあということで、ダイハツの兄弟車であるトールは何位にランクインしているかというと、26位です。

同じ車でもトヨタの販売網だとベスト10に2台もはいってくる。いかにトヨタの販売網が強いのかがよくわかります。

それにしても、ここまでトヨタの一人勝ちだと面白みに欠けてきますよね。確かにトヨタは中間決算にて過去最高になってます。東京モーターショートヨタ会長の手腕で前年度は77万人の来場だったのに対して、今年は130万人を超えたということ。

トヨタの一人勝ちの要因の1つとして、社長の影響力っていうのもあると思いますね。自動車メーカーの各社長の名前、言えますか?って街頭インタビューするとして、多分パっと名前を出してもらえるのはトヨタモリゾー社長だけですよ。

日産もゴーンさんが失脚してからは、今って誰だっけ?です。

存在感をうまくアピールしていくのが今の時代って必要です。もっと前面に出てきていいと思います。トヨタ以外のメーカーも頑張ってもらいたい。