MHOエンジニアリング

現役猫系自動車整備士YouTuberチームMHOの車ブログ

トヨタとホンダに不適切事案・・・

ソースは日刊自動車新聞になります。

www.netdenjd.com

 

昨年ダイハツの不正認証問題が起きて、自動車業界は混乱に陥りました。

前後すると、日野自動車でもエンジンの不正がありました。

 

これらを受けて国土交通省では、他のメーカーでも不正がないかを調査していたようです。

 

しかし、トヨタとホンダから何かしらの不適切事案があったと。それを日刊自動車新聞が報じています。

 

ダイハツのような内容になると、生産中止を余儀なくされますし、ブランドイメージが失墜します。

 

おそらくそれほど大きな問題ではないと思いますけど、トヨタって未だ新車の納期に時間がかかる。

 

ホンダは新型のフリードがデビュー直前なので、こうしたネガティブなニュースは避けたいところなんですけどね。

 

情報を追って注視していきたいと思います。また何かリコールかな・・・

セレナにリコール、始動不良になる恐れがあるので早めに修理を

セレナにリコールが出ました。

内容がよろしくありません。

 

車載コントロールユニット間の通信制御装置(CANゲートウェイ)において、制御プログラムが不適切なため、車載コントロールユニットの通信不良に至ることがある。 そのため、走行中に警告灯が点灯し、運転支援システムが使用できなくなる、または、始動不良に至るおそれがある。

国土交通省HPより引用

 

ADASが使えなくなり、さらには始動不良に至る恐れがあるようです。

プログラムのリプロで治りますので、これは早めに受けた方がいいですね。

 

 

今年度の納税証明書をみてみると、若干有効期間が伸びている?けど・・・

自動車業界で働いている人は、この時期納税証明書に振り回されていると思います。

ふと気がついた点があったので、また書いてみます。

それは、今年度の納税証明書の有効期間について。

 

令和5年度のものは5月30日をもって、納税証明書の有効期間が終わります。

これ以降車検をするのなら、令和6年の納税を納めて証明書を添付する必要があると。

で、令和6年の納税証明書を見てみたんです。

 

すると、5月30日から6月1日に有効期間が伸びている・・。

 

たった2日のことですが、これは朗報だ!と思っていたらどっこい・・。

 

令和7年の6月1日は日曜日だったのです・・・。実質、陸運局がやってる平日は5月30日金曜日が最終になるので、意味ないじゃんと・・・。

 

口座引き落としのゴタゴタがあるので、6月15日くらいまで延長してくれればいいんですよね。有効期間を・・・

納税証明の切り替えで登録ができないので注意

例年のことですが、5月の末から6月頭の車検については注意が必要です。

納税証明書の有無がないと、車検の登録ができないケースがあるからです。

5月31日以降の車検は、基本的に令和6年度の自動車税を納付してもらっていないとダメになります。

検査まではできますけど、登録ができません。

一番いいのは、現金で支払ってその証明書が手元にある場合。これなら即日車検証の発行が可能になります。

問題なのは口座からの引き落としや、現金以外での納付を昨日今日した場合。

データとして反映してこないと、登録ができないため、タイムラグが生じます。

この辺り、納税の確認がデータ化されてきたから、少しはよくなってきましたがまだまだ改善の余地がありますね。

6月頭までの車検は、納税を済ませているのか、どんな方法で支払ったのかを教えていただけると助かります。

ハイエース、雪国で使う時はABSの故障に注意

ハイエースを雪国で使っていると、思わぬ故障がよく発生します。

 

それは何かというと、ABSの故障です。

具体的にはC1251といった故障コードが入って、ABSランプが点灯します。

 

その原因は、フロント左タイヤの上部についているABSユニットの故障。

 

配線だったり、本体だったりします。ここに融雪剤やら泥が堆積しやすいんです。

 

基本ABSユニットをASSYで交換になりますが、20万円くらいかかります。

 

もしABSを長持ちさせたいのなら、フロント左タイヤのタイヤハウスにあるカバーをめくって、泥やら雪やらが堆積していたら掃除をしてください。

シエンタハイブリッドで23回目の給油記録

シエンタハイブリッドが家にやってきてから23回目の給油記録です。

今まで22回の給油記録を見たい人はみんカラに詳細を書いてあるので、そちらを参考にしてください。

はっきりいって、うちの車の燃費はズダボロです。

しかーし、これは嘘偽りのない記録です。

トータルで10746km走りました。

トリップBはオイル交換をしてからどのくらい走ったかの距離。

 

トリップAは前回給油してからの距離。

 

560.3km走りました。

 

いつものエネオスでレギュラーが30.59L入りました。

 

結果、

 

560.3km÷30.59L=18.35km/Lです。

 

計測は燃費計ではなくて、満タン給油法です。

 

なかなかリッター20には達しませんね。頑張ります。

ミラココア、パワーウインドウの不良原因は?

ミラココアです。パワーウインドウが不良で入庫。

助手席の窓が上がらないというものです。

運転席側でも助手席側でも上がりません。

 

下がるんだけど上がる。これってちょっと厄介なトラブルです。たまーに上がる時があるので、基本下げてはいけない。

 

困るのは下がるのはちゃんと作動する。

 

この時点で、モーターは動いているということになります。配線が怪しいねっていう話になりがちですけど、上げ下げどちらでも12Vが出ています。

 

では原因はなにか?

 

経験則でいうと、この場合はスイッチが不良になってるパターンです。

 

パワーウインドウが動かなくなると、どうしても飛び込んできて待っている状態でなんとかしないといけない。

 

こんなシチュエーションなので、配線図をみている暇がない。

 

直感と経験で原因を導きだすわけですけど、メインスイッチの不良ケースが多いです。

 

このミラココアも運転席マスタースイッチを交換して直りました。

 

使い込んでくると接点がおかしくなってきたりします。

 

耳を澄ますと接点がONになる瞬間の音が聞こえますが、壊れてるスイッチの場合、それが聞こえないことがあります。